ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 食品> 食中毒> 食中毒予防のために

食中毒予防のために

 

災害時は、ライフラインの寸断により、食品の低温保管ができなくなるなど、食中毒が発生しやすい状況となります。
抵抗力が弱い方は重症化することもありますので、しっかり防ぐことが大切です。

○調理や配付、食事の前には、よく手を洗いましょう。水が十分に確保できない場合には、ウェットティッシュ等を活用しましょう。
○調理を行う際は、食材を火や熱湯で十分に加熱しましょう。野菜などを生で食べる場合には、よく洗いましょう。
○下痢、発熱、手指に傷がある方は、食品の調理や配付を行わないようにしましょう。
○調理を行う台所や食器などを、可能な限り清潔に保つようにしましょう。
○避難所等では、出された食事は保管せずできるだけ早く食べるようにしましょう。また、時間が経ち過ぎたら、思い切って捨てましょう。

 

パンフレット[PDF: 597KB]

 

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 食品> 食中毒> 食中毒予防のために

ページの先頭へ戻る