ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 医療の国際展開> 「医療機関における外国人旅行者及び在留外国人受入れ体制等の実態調査」の結果

「医療機関における外国人患者の受入に係る実態調査」の結果

 

厚生労働省では、「医療機関における外国人患者の受入に係る実態調査」の結果をとりまとめましたので、公表します。

我が国の訪日外国人旅行者は年間約3,119万人(2018年)、在留外国人は約263万人(2018年6月)と、近年著しい増加傾向にあります。
政府においては、内閣官房健康・医療推進本部(本部長:内閣総理大臣)が「訪日外国人に対する適切な医療等の確保に関するワーキンググループ」を開催し、2018年(平成30年)6月に「訪日外国人に対する適切な医療等の確保に向けた総合対策」を取りまとめました。
本総合対策に基づき、各都道府県の衛生主管部(局)と観光部(局)が連携し、地域の関係者の協力を得つつ、課題の解決に向け積極的に取り組む事が重要と考えられます。その際、外国人に対する医療提供体制の現状を把握する必要があることから、厚生労働省において全国の全ての病院と一部の都道府県の診療所を対象とし、医療機関の外国人患者受入能力向上のための基礎資料を得ることを目的として、実態調査を実施し、取りまとめました

 

 

【照会先】

厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室
担当者 (内線:4107、4115、4116、4108)
(代表)03-5253-1111

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 医療の国際展開> 「医療機関における外国人旅行者及び在留外国人受入れ体制等の実態調査」の結果

ページの先頭へ戻る