ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 労働基準> 安全・衛生> 斜面崩壊による労働災害の防止対策に関するガイドライン

斜面崩壊による労働災害の防止対策に関するガイドライン

斜面崩壊による労働災害の防止対策に関するガイドラインについて

 

 土砂崩壊による労働災害は、溝掘削時の溝崩壊、斜面の切り取り工事中の斜面崩壊によるものがほとんどを占めています。溝掘削時の溝崩壊について は、「土止め先行工法に関するガイドラインの策定について」(平成15年12月27日付け基発第1217001号)により「土止め先行工法」が普及することに より労働災害の防止に一定の効果が現れており、今後は斜面崩壊による労働災害防止対策の強化を図ることが必要です。
 厚生労働省では、今般、労働安全衛生規則第355条の調査及び第358条の点検のより適切な実施方法、施工者が発注者及び設計者と協力して斜面崩壊の
危険性に関する情報を共有するために実施することが望ましい方法及びそれらの留意事項を斜面崩壊による労働災害の防止対策に関するガイドラインと してとりまとめたので、関係事業者にその普及・定着を図り、建設業における斜面崩壊による労働災害防止対策の一層の推進を図っていくこととしてい ます。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 労働基準> 安全・衛生> 斜面崩壊による労働災害の防止対策に関するガイドライン

ページの先頭へ戻る