雇用・労働トラック運転者の労働時間改善に向けた荷主等への対策

各種コンテンツ

  トラック運転者の長時間労働の抑制を図るため、平成28・29年度の2ヶ年に渡り、荷主とトラック運送事業者との連携によるパイロット事業を実施しました。厚生労働省・国土交通省では、このパイロット事業の成果を平成30年度にガイドラインとして取りまとめています。

【ガイドライン事例集】
具体的な事例は以下をご参照ください。    荷主と運送事業者がトラック運転者の労働時間削減に取り組む際の”手掛かり”を整理したハンドブックです。チェックシートに答えることによって、取り組むべき課題を明らかにすることができます。
   大切なパートナーであるトラック運送事業者の事業環境の改善に向けて、荷主に理解し、実行してほしいことをまとめています。

   
トラックドライバーの労働時間短縮に向けて、荷主とトラック運送事業者が協力して取り組んだ事例を紹介しています。
本動画では、平成29年度に和歌山県で実施された事例を2つ取り上げており、1つ目はモーダルシフトによる拘束時間の短縮、2つ目は荷卸しの事前予約制による待機時間の短縮の事例で、いずれも成果を上げています。
 

ページの先頭へ戻る