有料老人ホームの設置運営標準指導指針について

(平成14年7月18日付け老発第0718003号、最終改正・平成30年4月2日付け老発0402第1号)

高齢者が安心して暮らせる高齢者向け住まいに対するニーズの高まりを受け、有料老人ホームが増加する中、入居者の居住の安定を確保する観点から、有料老人ホームに対する適切な指導監督が不可欠となっています。
このような背景を踏まえ、介護保険制度改正において、入居者保護の観点から、老人福祉法を改正し、事業停止命令の創設、前払金保全措置の義務の対象拡大等、所要の改正を行うこととしたところです。
このほか、平成30年度介護報酬改定が行われたことや、総務省から「有料老人ホームの運営に関する行政評価・監視の結果に基づく勧告」があったこと等を踏まえ、厚生労働省では、別添のとおり平成30年4月2日付けで標準指導指針を改正しました。