9月17日は「世界患者安全の日」です

世界患者安全の日 2024


                

概要

「世界患者安全の日(以下、WPSD:World Patient Safety Day)」とは、「患者安全を促進すべく世界保健機関(以下、WHO)加盟国による世界的な連携と行動に向けた活動をすること」を目的として、医療制度を利用する全ての人々のリスクを軽減するために2019年にWHO総会で制定されました。患者安全を促進する事への人々の意識、関心を高め、国際的な理解を深めるとともに、各種媒体を用いて普及活動を推進しています。


WHOは、患者安全文化の醸成のための普及活動の一環として毎年スローガン等を作成しています。
     
2024年度  テーマ Improving diagnosis for patient safety
  スローガン  Get it right, make it safe!
  
 

「世界患者安全の日」に関する取り組み

厚生労働省の取り組み

厚生労働省では、2001年を「患者安全推進年」と位置づけ、各関係者の共同行動を「患者の安全を守るための医療関係者の共同行動(PSA:Patient Safety Action)」と命名し、総合的な医療安全対策を推進しており、その一環として、11月25日(いい医療に向かってGO)を含む一週間を「医療安全推進週間」と定め、様々な取り組みを行っています。
2019年の世界保健機関(WHO)総会において、9月17日がWPSDと制定され、同年から多くの団体の協力を得ながらWPSDの普及啓発活動を実施しています。
厚生労働省としても、今年も、医療機関、職能団体、患者団体、教育機関、学会など、さまざまな団体と協力して普及啓発活動を行います。
 

さまざまな団体の取り組み

関連情報

(参考)制定までの経緯

2016年3月


2017年3月


2018年4月


2019年5月
第1回閣僚級世界患者安全サミット
(ロンドン/イギリス)

第2回閣僚級世界患者安全サミット
(ボン/ドイツ)

第3回閣僚級世界患者安全サミット
(東京/日本)

WHO総会
WPSD概念の提案


9月17日をWPSDとすることを提案


患者安全の向上に向けた「患者安全に関する東京宣言」公表


WPSD制定
       
*ドイツ語圏各国(ドイツ、オーストリア、スイスなど)では、以前から9月17日に患者安全に関する会合を
 開催していた。

 
お問い合わせ先
医政局地域医療計画課医療安全推進・医務指導室 
TEL 03-5253-1111(内線2580)