医療用解熱鎮痛薬等の供給相談窓口(医療用解熱鎮痛薬等110番)の設置について

医療用解熱鎮痛薬については、各メーカーが限定出荷を行っている状況を踏まえ、平時と比較して需要が増加した医療機関や小規模な薬局等に優先して供給を行うよう医薬品卸売業者に依頼をしたところであるが、それでもなお解熱鎮痛薬等を購入できないなどのケースに対応するため、厚生労働省に相談窓口を開設しました。

本相談窓口の対象となる「医療機関・薬局」は次のとおりです

発熱外来や新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている医療機関やこれら医療機関の処方せんを受け付けている薬局において、解熱鎮痛薬等の在庫が少なく、平時に取引のある卸売業者に連絡しても入手が困難であり、業務に支障を来たすとともに患者に迷惑を掛けてしまうおそれがある医療機関・薬局  
※解熱鎮痛薬、鎮咳薬、トラネキサム酸

ご相談の方法

○ ご相談は電子メールにて受付します。
○ 相談フォーマット(Excel)に必要事項を入力の上、antei-kyokyu@mhlw.go.jpあてに送信して下さい。
○ 入力いただいた内容に関して、厚生労働省担当職員から確認させていただく場合がございますので、医療機関・薬局におかれましては、連絡先をお忘れなく入力下さい。

具体的な流れ

事務連絡(令和4年12月14日付医政局医薬産業振興・医療情報企画課事務連絡)

お問い合わせ先

医政局医薬産業振興・医療情報企画課 流通指導室

antei-kyokyu@mhlw.go.jp