令和5年「はたちの献血」キャッチフレーズが決定しました!

「はたちの献血」キャンペーン(令和5年1月1日~2月28日)

    厚生労働省、都道府県及び日本赤十字社は、献血者が減少しがちな冬期において血液製剤の安定供給を確保するため、「はたちの献血」キャンペーンを令和5年1月1日から2月28日の2か月間実施します。
    本キャンペーン期間中は、ポスターやインターネット等による広報を通じて、「はたち」の若者を中心に、広く国民各層に向けて献血の重要性を普及啓発するとともに、献血への協力を呼びかけます。
 

キャッチフレーズは「きっと誰かが、だったら私が はたちの献血」です

   令和5年「はたちの献血」キャンペーンのキャッチフレーズは、夏山 詳治さんの作品「きっと誰かが、だったら私が はたちの献血」です。本キャッチフレーズは、公募により集まった689点の候補作品の中から、厚生労働省、都道府県及び日本赤十字社による厳正な審査により決定しました。
 たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
 なお、本キャッチフレーズは、令和5年「はたちの献血」キャンペーンポスターに掲載いたします。ポスターは、本キャンペーン期間中、厚生労働省HPにて公開するとともに、全国各地にて掲示予定です。


                                         

献血へのご協力を毎日呼びかけているのには、理由があります

   多くの患者さんの病気やけがの治療に使われている血液製剤は、献血でご提供いただいた血液からつくられています。血液は人工的に造ることができず、長い間保存することもできません。また、献血者の健康を守るため、1人あたりの年間の献血回数や献血量には上限があります。そのため、安定的に血液製剤を届けるためには、日々多くの方の協力が必要なのです。

若者のみなさん、献血にご協力を!

 我が国では、少子高齢化の影響により、主に輸血を必要とする高齢者層が増加し、若い世代が減少しています。
 少子高齢化は献血事業にも影響を与えています。10代~30代の若年層の献血者数はこの10年間で約32%も減少しており、このまま減少が進んでいくと、血液の安定供給に支障をきたす恐れがあります。今後も患者さんに血液を安定的に届けるためには、今まで以上に若い世代の献血へのご理解とご協力が不可欠なのです。
 献血は身近でできる大きな社会貢献。この機会に献血に行ってみませんか?

献血はどこでできるの?

 日本赤十字社の献血ルームや献血バスで献血できます。
 お近くの献血ルームはこちらから、献血バス運行スケジュールこちらからご覧ください。