社会福祉連携推進法人制度

社会福祉連携推進法人制度について

 令和2年6月に公布された「地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律」に基づき、令和4年度から、「社会福祉連携推進法人制度」が施行されます。社会福祉連携推進法人は、社会福祉法人等が社員となり、福祉サービス事業者間の連携・協働を図るための取組等を行う新たな法人制度です。社会福祉連携推進法人の活用により、福祉・介護人材の確保や、法人の経営基盤の強化、地域共生の取組の推進などが可能となりますので、ぜひ以下の関連動画をご視聴のうえ、社会福祉連携推進法人の設立をご検討ください。

関連動画

 社会福祉連携推進法人制度のポイントや、法人間連携に取り組む実践者にお話を伺い、制度への理解を深めるための動画としてまとめました。
 

社会福祉連携推進法人の運営の在り方等に関する検討会

 社会福祉連携推進法人の施行に向けて、業務内容やガバナンス等、その具体的な運営の在り方等について実務的な整理を行い、分かりやすく周知を図るため、令和2年11月に「社会福祉連携推進法人の運営の在り方等に関する検討会」が設置されました。これまでの議論の内容等について、以下のリンク内で公開しています。

社会福祉連携推進法人の運営の在り方等に関する検討会
 

社会福祉連携推進法人制度施行に向けた参考資料

社会福祉連携推進法人に関する資料を、以下のとおり公開しています。

社会福祉連携推進法人の認定事務等について(現段階での整理案)
社会福祉連携推進法人の会計について