「はたちの献血」キャンペーンを実施します!

「はたちの献血」キャンペーン(令和3年1月1日~2月28日)

    厚生労働省、都道府県及び日本赤十字社は、献血者が減少しがちな冬期において血液製剤の安定供給を確保するため、「はたちの献血」キャンペーンを令和3年1月1日から2月28日の2か月間実施します。
    本キャンペーン期間中は、ポスターやインターネット等による広報を通じて、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心に、広く国民各層に向けて献血の重要性を普及啓発するとともに、献血への協力を呼びかけます。
    現在、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、献血血液の確保に影響が生じています。これからも患者さんに必要な血液を届けるために、献血のご協力をお願いします。

キャッチフレーズは「いつかしようを、今にしよう。 はたちの献血」です

   令和3年「はたちの献血」キャンペーンのキャッチフレーズは、大宮 杏菜さんの作品「いつかしようを、今にしよう。 はたちの献血」です。本キャッチフレーズは、公募により集まった648点の候補作品の中から、厚生労働省、都道府県及び日本赤十字社による厳正な審査により決定しました。

                                                

献血へのご協力を毎日呼びかけているのには、理由があります

   多くの患者さんの病気やけがの治療に使われている血液製剤は、献血でご提供いただいた血液からつくられています。血液は人工的に造ることができず、長い間保存することもできません。また、献血者の健康を守るため、1人あたりの年間の献血回数や献血量には上限があります。そのため、安定的に血液製剤を届けるためには、日々多くの方の協力が必要なのです。

若者のみなさん、献血にご協力を!

 我が国では、少子高齢化の影響により、主に輸血を必要とする高齢者層が増加し、若い世代が減少しています。
 少子高齢化は献血事業にも影響を与えています。10代~30代の若年層の献血者数はこの10年間で約35%も減少しており、このまま減少が進んでいくと、血液の安定供給に支障をきたす恐れがあります。今後も患者さんに血液を安定的に届けるためには、今まで以上に若い世代の献血へのご理解とご協力が不可欠なのです。
 献血は身近でできる大きな社会貢献。この機会に献血に行ってみませんか?

献血血液からつくられる「くすり」

    献血で集められた血液は、どのように患者さんのもとに届くのでしょうか。交通事故などでけがをしたときの輸血に使われるイメージがあると思いますが、それは全体のわずかで、ほとんどはがんなどの病気の治療に使われています。
 献血血液は、血液型やウイルスなどの有無を調べた後、赤血球や血小板、血漿の成分ごとに、目的に合わせた血液製剤になります。実は、輸血に使用される輸血用血液製剤は献血血液のおよそ半分で、残りの半分は血漿分画製剤という医薬品をつくるために使用されています。
 このように、献血は医療に幅広く役に立っているのです。

献血はどこでできるの?

 全国には138箇所の献血ルームがあります。(令和2年12月時点)また、各地で献血バスも運行しています。
 お近くの献血ルーム・献血バス運行スケジュールはこちらから探せます。


キャンペーン特設サイト

献血Web会員サービス「ラブラッド」 
 医療機関へ安定的に血液を供給するためには、血液を十分に確保する必要があります。日本赤十字社では複数回献血を推進するため、Web会員サービス「ラブラッド」を運営しています。ご登録いただくと、簡単に献血のWeb予約・変更ができるようになります。ポイントを貯めて記念品と交換することもできます。

献血サポーター (企業・団体の皆様へ)
 国民の医療を支える献血のさらなる推進を図っていただき、また、社会貢献活動である献血活動を国民に広くPRする機会として「献血サポーター」にご参加ください。「献血サポーター」となった企業・団体には、「献血サポーター」ロゴマークを日常の企業活動等において活用していただくことができます。