酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況

1. 酸素欠乏症等の労働災害発生状況(1990年~2019年)
(1) 酸素欠乏症
2019年の酸素欠乏症による労働災害は、4件(前年比2件減)であり、被災者は5人(前年比2人減)、うち死亡者は5人(前年比1人減)であった。
過去20年間(2000年~2019年)の労働災害は計139件であった。

(2) 硫化水素中毒
2019年の硫化水素中毒による労働災害は、5件(前年と同数)であり、被災者は5人(前年比5人減)、うち死亡者は1人(前年比3人減)であった。
過去20年間(2000年~2019年)の労働災害は計67件であった。


表1 酸素欠乏症の労働災害発生状況(1990年~2019年)

備考:被災者数は死亡者数を含む。


表2 硫化水素中毒の労働災害発生状況(1990年~2019年)

備考:被災者数は死亡者数を含む。


図1 酸素欠乏症の労働災害発生状況の推移(1990年~2019年)



図2 硫化水素中毒の労働災害発生状況の推移(1990年~2019年)


2.  酸素欠乏症等の業種別発生状況(2000年~2019年)
(1) 酸素欠乏症
過去20年間の業種別発生状況をみると、製造業が最も多く、次いで建設業であり、この2業種で全体の約7割を占めている。
 
(2) 硫化水素中毒
過去20年間の業種別発生状況をみると、製造業、清掃業、建設業の順に多く、この3業種で全体の約8割を占めている。また、上位2業種でも全体の約6割を占めている。


表3 業種別発生状況(2000年~2019年)(件)



図3 業種別発生状況(2000年~2019年)


3.  酸素欠乏症等の月別発生状況(2000年~2019年)
(1) 酸素欠乏症
過去20年間の月別発生状況をみると、発生件数が多い月は、10月の19件、7月の17件である。

(2) 硫化水素中毒
過去20年間の月別発生状況をみると、発生件数が多い月は、6月の11件、7月の10件である。


表4 月別発生状況(2000年~2019年)(件)


図4 月別発生状況(2000年~2019年)



4.酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況

  平成31年/令和元年[307KB]
  平成30年[178KB]
  平成29年[178KB]
  平成28年[251KB]
  平成27年[191KB]
  平成26年[248KB]
  平成25年[342KB]
  平成24年[330KB]
  平成23年[384KB]
  平成22年[315KB]
  平成21年[634KB]
  平成20年[271KB]

【照会先】労働基準局 安全衛生部 労働衛生課 有害作業環境指導係 電話 03-5253-1111(内線5491)