労災保険二次健康診断等給付

労災保険二次健康診断等給付

二次健康診断等給付は、職場の定期健康診断等(以下「一次健康診断」といいます)で異常の所見が認められた場合に、脳血管・心臓の状態を把握するための二次健康診断及び脳・心臓疾患の発症の予防を図るための特定保健指導を1年度内に1回、無料で受診することができる制度です。

給付の要件

1 一次健康診断の結果、異常の所見が認められること
一次健康診断の結果、次のすべての検査項目について、「異常の所見」があると診断されたときは二次健康診断等給付を受けることができます。
(1)血圧検査
(2)血中脂質検査
(3)血糖検査
(4)腹囲の検査またはBMI(肥満度)の測定
なお、一次健康診断の担当医師により、(1)から(4)の検査項目において「異常なし」と診断された場合であっても、労働安全衛生法に基づき事業場に選任されている産業医等が、就業環境等を総合的に勘案し、異常の所見を認めた場合には、産業医等の意見を優先します。
 
2 脳・心臓疾患の症状を有していないこと
一次健康診断またはその他の機会で、医師により脳・心臓疾患の症状を有すると診断された場合、二次健康診断等給付を受けることはできません。
 
3 労災保険の特別加入者でないこと
特別加入者の健康診断の受診は自主性に任されていることから、特別加入者は二次健康診断等給付の対象とはなりません。
 

給付の内容

二次健康診断等給付では、二次健康診断と特定保健指導があります。

1 二次健康診断
二次健康診断は、脳血管と心臓の状態を把握するために必要な検査で、具体的には、次の検査を行います。
(1)空腹時血中脂質検査
(2)空腹時血糖値検査
(3)ヘモグロビンAc検査
 ※一次健康診断で受検している場合は、二次健康診断では行いません。
(4)負荷心電図検査または胸部超音波検査(心エコー検査)のいずれか一方の検査
(5)頸部超音波検査(頸部エコー検査)
(6)微量アルブミン尿検査
 ※一次健康診断の尿蛋白検査で、疑陽性(±)または弱陽性(+)の所見が認められた場合に限ります。
 
2 特定保健指導
特定保健指導は、二次健康診断の結果に基づき、脳・心臓疾患の発症の予防を図るため、医師または保健師の面接により行われる保健指導です。具体的には、次の指導を行います。
(1)栄養指導
(2)運動指導
(3)生活指導
なお、二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると診断された場合は、特定保健指導は、実施されません。



請求手続等について詳しくはこちら「二次健康診断等給付の請求手続」へ

労災保険二次健診等給付医療機関名簿

二次健診等給付が受けられる医療機関の名称や所在地等が確認できます。
 
(労災保険二次健診等給付医療機関の担当者の皆様へ)
掲載しております情報は、都道府県労働局に対する届出内容に基づいていますので、名称や所在地等に変更がありましたら、管轄の労働局までご連絡願います。
 
【労災保険二次健診等給付医療機関リスト(PDFファイルへリンク)】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木  群馬

埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡

佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

労災保険二次健診等給付医療機関の情報は、令和元年8月30日時点の届出内容に基づくものです。
   
具体的な医療機関の情報については、各労災保険二次健診等給付医療機関にお問い合わせください。
労災保険二次健診等給付医療機関の指定申請や給付の請求手続等につきましては、お近くの都道府県労働局にお問い合わせください。