建設業における一人親方等の安全及び健康の確保について

 建設現場においては、労働者の労働災害だけでなく、一人親方等の業務中の災害も多数発生しています。
 一方、一人親方等は、労働安全衛生法では保護対象とされておらず、この結果、安全衛生に関する基本的な知識を十分身につける機会が得られていないことが考えられます。こうした、一人親方等の安全や健康を確保するため、平成29年6月9日に閣議決定された「建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する基本的な計画」では、政府が「一人親方等に対してその業務の特性や作業の実態を踏まえた安全衛生に関する知識取得を支援する。」こととされてます。
 厚生労働省では、一人親方等の業務の特性や作業の実態を踏まえた安全衛生に関するテキストを作成したり、そのテキスト等を用いて全国で無料の研修会を実施するなどしています。

建設業の一人親方等の死亡災害発生状況

建設業の一人親方等の死亡災害発生状況

リーフレット

リーフレット

建設業の一人親方等のための安全衛生研修テキスト

建設業の一人親方等のための安全衛生研修テキスト

 研修会テキストについては、建設業における安全衛生対策に精通した者(特に高所作業における墜落・転落災害防止対策に精通した者)、一人親方の業務に精通した者等からなる検討会にて作成されたテキストを用います。
 現役の一人親方等の方々の意見も踏まえながら、基本的な安全衛生管理や一人親方等が行うべき日常管理、安全衛生活動の進め方、具体的な災害事例を網羅し、見やすいレイアウトにするなど、一人親方等の方々が安全衛生の基本的な知識を身につけるために必要な情報を盛り込んでおります。また、コミュニケーション能力を向上させるポイントや話し方などについても分かりやすく記載しています。 

建設業で働く一人親方等のための安全衛生管理(テキスト)

建設業で働く一人親方等のための安全衛生研修会

建設業で働く一人親方等のための安全衛生研修会(無料)

 
 一人親方等を対象とした安全衛生教育(研修会)を実施しています。(受講料無料)。
 研修会は、一人親方(労働者を使用しないで事業を行う者)のほか、中小事業主、役員、家族従事者も含め、建設工事従事する方を対象としています。
 開催日時、場所、参加の申し込み方法は、受託者(建設業労働災害防止協会)ホームページをご覧ください。
 
〈令和元年度の実施状況〉
令和元年度の研修会は、全23回、全国を6ブロックに分け、各主要都市で実施しました。

〈平成30年度の実施状況〉
平成30年度の研修会は、全21回、全国を6ブロックに分け、各主要都市で実施しました。