新型コロナウイルス感染症の検査体制整備に関する計画

トップページへ戻る

新型コロナウイルス感染症の検査体制整備に関する計画について

検査体制整備計画の策定

今冬に向けて、全都道府県に対し、新型コロナウイルス感染症の検査体制整備に関する計画の策定を依頼しました。
計画策定に当たっては、新型コロナ固有の基本の検査需要に加え、高齢者施設等における集中的検査の検査需要とインフルエンザ流行に伴う発熱患者等の検査需要の3要素を踏まえた検査需要を見込み、これらに対応するために必要な検査体制の整備と点検を行っていただくようお願いしました。

検査需要と検査能力の見込み

各都道府県から報告された検査需要と検査能力の見込みは、以下のとおりです。
「新型コロナウイルス感染症 都道府県別 検査需要と検査能力の見込み」

感染拡大に備えた体制整備の方策

感染拡大に備えた体制整備の方策として、都道府県から報告された例は以下のとおりです。
 
相談体制
 ・電話相談窓口の外部委託による24時間対応、オペレーターや電話回線の増加
検体採取体制
 ・診療日・診療時間延長
 ・地元医師会と連携して、診療・検査医療機関や地域外来・検査センターの拡充
検査分析体制
 ・委託する医療機関、民間検査機関の拡充、稼働時間の拡大、休止中の検査センターの再稼働
 ・プール検査(複数検体を一度に分析する手法)の導入、抗原検査キットやマルチキットの活用
 

ページの先頭へ戻る