ホーム> 政策について> 審議会・研究会等> 労働基準局が実施する検討会等> 平成22年度化学物質のリスク評価に係る企画検討会> インジウムによる労働者の健康障害防止に関する意見交換会(リスクコミュニケーション)の開催について




公開

平成22年7月9日

(照会先)

労働基準局安全衛生部

化学物質対策課化学物質評価室

管理官 寺島(5518)

(電話・代表) 03(5253)1111


インジウムによる労働者の健康障害防止に関する意見交換会(リスクコミュニケーション)の開催について

厚生労働省では、平成22年6月に「インジウム及びその化合物」による労働者の健康障害に関する初期リスク評価を終了し、健康障害防止に向けた取組みを開始しております。
これにかかる説明及びこれを踏まえた事業者、安全衛生担当者等関係の皆様との意見交換を実施させていただくこととし、以下の通り参加者の募集を行います。
参加を希望される方は、別紙「参加申込書」によりお申し込み下さい。

1.日時

平成22年7月22日(木曜日)13時30分~16時30分


2.場所

経済産業省別館11階 1111会議室(東京都千代田区霞が関1-3-1)


3.議事次第

1.開会 13時30分

2.基調発表 13時30分~14時30分
「インジウム肺の臨床-8年連続検診でわかった事」日鉱記念病院病院長 長南達也
「ITO製造職場のばく露防止対策について」JX日鉱日石金属株式会社磯原工場環境安全室室長 齋藤 亨
「企業におけるばく露防止対策の現状(仮題)」 労働衛生コンサルタント 黒木孝一
「リスク評価及び健康障害防止対策(仮題)」 慶應義塾大学医学部教授 大前和幸

3.意見交換 14時50分~
【コーディネーター】
順天堂大学医学部公衆衛生学教室 堀口 逸子
【パネリスト】
基調講演者 4名
九州大学大学院医学研究院環境医学分野講師  田中 昭代
同 助教 平田 美由紀
厚生労働省化学物質評価室長 島田 和彦

4.募集人数:70名

(参加多数の場合は、同一所属からの人数を制限させて頂くことがあります。)
パネラー間の意見交換に続いて、参加者全員の意見交換を予定します。効率的意見交換のため、質問、意見のある方は参加申込書にてあらかじめ提出をお願いします。

5.参加申込み

別紙参加申込書に必要事項を記入の上、7月16日(金)までに下記申し込み先までFAXにてお申し込み下さい。ただし、希望者多数の場合はご参加いただけない場合もございます。
【申込先】
厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課化学物質評価室 FAX:03-3502-1598

6.その他

本会は公開とします。発言者、参加者の写真等が配信・報道される可能性があることをあらかじめご了承ください。また、議事の内容及び資料については、厚生労働省のホームページを通じて公表することを予定しております。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

携帯ホームページ

携帯版ホームページ では、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム> 政策について> 審議会・研究会等> 労働基準局が実施する検討会等> 平成22年度化学物質のリスク評価に係る企画検討会> インジウムによる労働者の健康障害防止に関する意見交換会(リスクコミュニケーション)の開催について

ページの先頭へ戻る