年金将来の公的年金の財政見通し(財政検証)

公的年金制度は長期的な制度であるため、社会・経済の変化を踏まえ、適切な年金数理に基づいて、長期的な年金財政の健全性を定期的に検証することは、公的年金の財政運営にとって不可欠なものです。このため、厚生年金保険法及び国民年金法の規定により、少なくとも5年ごとに、国民年金及び厚生年金の財政の現況及び見通しの作成、いわゆる財政検証を実施しています。
平成26年度の財政検証では、第21回社会保障審議会年金部会(平成26年6月3日)において「平成26年財政検証結果」及び「オプション試算結果」、平成26年6月27日に関連資料を発表しました。
また、平成27年9月28日に、その計算方法や結果の見方等について詳しく解説した、「平成26年財政検証結果レポート」を公表しました。

平成26年財政検証の資料

年金部会に提出した資料

平成26年財政検証結果レポート-「国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し」(詳細版)-

平成26年財政検証の詳細を公にするものとして、計算方法や結果の見方等をとりまとめました。
レポートは以下のリンク先のページからご覧ください。

平成26年財政検証結果レポート

平成26年財政検証の概要を英語にて紹介したPDFファイルはこちらから閲覧・ダウンロードできます。

Summaries of the 2014 Actuarial Valuation and Reform Options[PDF形式:1,942KB]

その他の資料

  • 財政検証詳細結果等を閲覧される際には、ご使用のパソコンにダウンロードの上、圧縮ファイルを解凍してご覧いただきますようお願いいたします。

財政検証詳細結果等(Zipファイル)[ZIP形式:26,135,463KB]

ページの先頭へ戻る

平成26年以前の財政検証等について

ページの先頭へ戻る

各国の年金財政見通し

ページの先頭へ戻る

施策に関連のサイト

照会先

厚生労働省年金局数理課

(代表)03-5253-1111

(内線)3355