雇用・労働事業主への助成金

施策紹介

労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を効果的に促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合や人材育成制度を導入し労働者に適用した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用労働者の企業内のキャリアアップ等を促進するため、人材育成などの取組を実施した事業主に対して包括的に助成する制度です。

ページの先頭へ戻る

関連施策

「事業内職業能力開発計画」は、雇用する労働者の職業能力の開発・向上を、段階的かつ体系的に行うために事業主が作成する計画です。

なお、人材開発支援助成金の一部のコースにおいては、事業内職業能力開発計画の作成を要件としています。

従業員の職業能力開発を計画的に企画・実行するために、その取組を社内で積極的に推進するキーパーソンが「職業能力開発推進者」です。

なお、人材開発支援助成金の一部のコースにおいては、職業能力開発推進者の選任を要件としています。

ページの先頭へ戻る