雇用・労働情報通信機器を利用して自宅などで仕事をしている方へ(自営型テレワーク)

自営型テレワークについて

自営型テレワークとは、注文者から委託を受け、情報通信機器を活用して主として自宅又は自宅に準じた自ら選択した場所において、成果物の作成又は役務の提供を行う就労をいいます。

詳しくは、自営型テレワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

施策情報

自営型テレワークの適正な実施のために

自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン

自営型テレワーカーに仕事を注文する方や仲介事業を行う方は、このガイドラインの内容をしっかりと守るとともに、契約の内容について、自営型テレワーカーとよく協議した上で決めることが望まれます。


※厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)に基づき、クラウドソーシング等の実態を踏まえ、平成30年2月に「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」を、「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」として改定いたしました。
 

自営型テレワーカーのためのハンドブック

これから自営型テレワークを始める方や自営型テレワークを始めて間もない方のために、自営型テレワークの基礎知識をまとめたものです。

自営型テレワーカーのためのハンドブック[PDF形式:1,865KB]

ページの先頭へ戻る

雇用環境・均等局 在宅労働課 在宅労働係 (内7873 )