小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業

小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業とは

将来子どもを産み育てることを望む小児・AYA世代のがん患者等が希望をもってがん治療等に取り組めるように、将来子どもを出産することができる可能性を温存するための妊孕性温存療法に係る費用の一部を助成し、その経済的負担の軽減を図ります。また、患者から臨床情報等を収集し、妊孕性温存療法の有効性・安全性のエビデンス創出や長期にわたる検体保存のガイドライン作成など、妊孕性温存療法の研究を促進します。
 

制度の内容

関係通知・資料

検討の経過

関係リンク

ポスター・リーフレットなど