ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 看護関連政策> 院内助産・助産師外来について

院内助産・助産師外来について

厚生労働省では、妊婦の多様なニーズに応え、地域における安全・安心・快適なお産を実現するために、医療機関内で、医師・助産師が連携する仕組み(院内助産・助産師外来)の導入を推進しています。

院内助産・助産師外来の推進

平成29年度厚生労働省看護職員確保対策特別事業において、院内助産・助産師外来ガイドライン2018を作成しました。

【参考】以前のガイドライン
平成20年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)において、院内助産ガイドライン(医師と助産師の役割分担と協働)を作成しました。

 

厚生労働省医政局看護課 看護企画係
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
郵便番号100-8916
電話番号03(5253)1111 (内線:2654)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 看護関連政策> 院内助産・助産師外来について

ページの先頭へ戻る