自殺の統計:地域における自殺の基礎資料

都道府県、市区町村別のより詳細な資料を掲載しています。

平成19年と20年は集計方法等が現行のものとは異なりますので、御注意願います。

※当ホームページで掲載した資料に誤りがありました。修正した資料に差替え、更新します。
(内容)
平成30年12月(暫定値)から平成31年4月(暫定値)及び平成30年確定値のA7表、A8表、B7表、B8表において、
 ・札幌市(総数、女)
 ・仙台市(総数)
 ・さいたま市(総数)
 ・横浜市(総数、男、女)
 ・川崎市(総数)
 ・名古屋市(総数、男、女)
 ・京都市(総数)
 ・大阪市(総数、男、女)
 ・神戸市(総数)
 ・広島市(総数)
 ・福岡市(総数)
の自殺死亡率、年率換算した自殺死亡率に誤りがありました。
また、平成30年10月(暫定値)のA8表、B8表、平成30年11月(暫定値)のA7表、A8表、B7表、B8表において、福岡県那珂川市のデータが欠落していました。

令和元年6月28日 厚生労働省社会・援護局総務課自殺対策推進室

都道府県、市区町村別のより詳細な資料を掲載しています。

厚生労働省自殺対策推進室 調査分析・広報係

電話:03-5253-1111 内線2839