福祉・介護「新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業」について

 新型コロナウイルス感染による緊急時のサービス提供に必要な介護人材を確保するとともに、介護に従事する方が安心安全に業務を行うことができるよう感染症が発生した施設等の職場環境の復旧・改善を支援します。

 また、都道府県において、平時から都道府県単位の介護保険施設等の関係団体等と連携・調整し、緊急時に備えた応援体制を構築するとともに、介護サービス事業所・施設等で新型コロナウイルスの感染者が発生した場合などに、地域の他の介護サービス事業所・施設等と連携して当該事業所・施設等に対する支援を実施するために必要な経費を支援します。

 

事業の概要

ページの先頭へ戻る

実施要綱等

ページの先頭へ戻る

Q&A集

ページの先頭へ戻る

介護保険最新情報Vol.1011【「感染防止対策の継続支援」の周知について】に関して

 新型コロナウイルス感染症に対応するため、かかり増しの経費が必要となること等を踏まえた介護報酬の特例的な評価については、令和3年9月末までとされ、同年10 月以降については、感染状況や地域における介護の実態等を踏まえ、必要に応じ柔軟に対応することとされていましたが、今般、地域医療介護総合確保基金の枠組みを活用し、基本報酬の0.1%特例の対象としていた全ての介護施設・事業所に対してを実施することとなりました。(介護保険最新情報Vol.1011【「感染防止対策の継続支援」の周知について】


 上記に対応する事業として、【介護サービス事業所・施設における感染防止対策支援事業】を創設いたしました。
こちらについては、(実施要綱)介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業において実施するところですが、当該事業のご不明な点については、厚生労働省においてコールセンターを設置し、ご対応いたしますのでお知らせします。
  なお、事業の実施主体は各都道府県となるため、事業の開始時期が自治体によって異なることや、申請書の入手及び申請先等は各都道府県のホームページ等をご確認ください。また、電子請求受付システムを活用した申請に関するお問い合わせは、国民健康保険中央会のコールセンター(TEL:0570-059-402)までお問い合わせください。



【介護サービス事業所・施設における感染防止対策支援事業コールセンター】
  電話:03ー3595ー3535
 (受付時間は平日9:30~18:15)
※令和4年1月11日から電話番号が変更となりました。

 

ページの先頭へ戻る