健康・医療食鳥処理衛生管理者資格取得講習会について

1 食鳥処理衛生管理者について

食鳥処理衛生管理者は、食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律第12条の規定により、食鳥処理業者が食鳥処理を衛生的に管理させるため、食鳥処理場ごとに、食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律施行規則で定めるところの十分な員数を、置かなければならないこととなっています。

食鳥処理衛生管理者の配置基準(同法施行規則第5条)
オーバーヘッドコンベア等を設置して連続移動式の食鳥処理を行う場合は、1の処理ラインごとに2(法第15条第5項の規定に基づき内臓摘出後検査を受ける際に同時に脱羽後検査を受ける食鳥処理場にあっては、1)に、1の処理ライン当たりの1分間の食鳥処理の羽数が20(法第15条第5項に該当する食鳥処理場にあっては、35)を超えるごとに1を加えた数以上であるものとする。

ページの先頭へ戻る

2 食鳥処理衛生管理者の資格要件

食鳥処理衛生管理者は、次のいずれかに該当する者でなければなりません。
(食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律第12条第5項)

(1)獣医師
(2)学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく専門学校において獣医学又は畜産学の課程を修めて卒業した者
(3)都道府県知事の登録を受けた食鳥処理衛生管理者の養成施設において所定の課程を修了した者
(4)学校教育法第57条に規定する者又は厚生労働省令で定めるところによりこれらの者と同等以上の学力があると
    認められる者で、食鳥処理の業務に3年以上従事し、かつ、都道府県知事の登録を受けた講習会の課程を修了
       した者

ページの先頭へ戻る

3 食鳥処理衛生管理者資格取得講習会

食鳥処理衛生管理者資格取得講習会は、講習会の開催の都度、講習会を開催しようとする者からの申請により、都道府県知事が登録します。
講習会の登録の基準は「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律施行規則第14条」に示されています。

【参考】令和4年度に開催される食鳥処理衛生管理者資格取得講習会

会場 公益社団法人日本食品衛生協会食品衛生センター5階講堂
(東京都渋谷区神宮前2-6-1) 
日程 (1)複合型(e ラーニングと集合)による実施
①e ラーニング(下記期間中に受講)
令和4年 12 月1日(木)~令和5年1月6日(金)
②集合(以下のいずれかを受講)
第1回:令和5年1月 30 日(月) 9:00~12:00
第2回:令和5年1月 30 日(月)14:00~17:00
第3回:令和5年1月 31 日(火) 9:00~12:00
第4回:令和5年1月 31 日(火)14:00~17:00
(2)集合型(連続3日間を受講)
令和5年1月 18 日(水)~令和5年1月 20 日(金) 
受講予定人数 (1)複合型による実施
1回あたり 30 名(合計 120 名)
(2)集合型による実施
30 名
受講料 40,741 円(テキスト代含、税込) 
実施者 公益社団法人日本食品衛生協会
(東京都渋谷区神宮前2-6-1)
全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会
(東京都台東区下谷2-1-10)
一般社団法人日本食鳥協会
(東京都千代田区岩本町2-9-7 REC ビル7階)
問い合わせ先 公益社団法人日本食品衛生協会
公益事業部食品衛生推進課 岡本、児玉
TEL 03-3403-2112 
備考 東京都公報(令和4年9月 27 日)
 
会場 ホテルニューウェルシティ宮崎
(宮崎県宮崎市宮崎駅東1丁目2-8)
日程 eラーニング:
令和4年12月15日(木)~令和5年1月20日(金)
集合:
令和5年2月8日(水)
受講予定人数 100名
受講料 40,741円(テキスト代含、税込)
実施者 公益社団法人日本食品衛生協会
(東京都渋谷区神宮前2-6-1)
全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会
(東京都台東区下谷2-1-10)
一般社団法人日本食鳥協会
(東京都千代田区岩本町2-9-7 REC ビル7階)
問い合わせ先 公益社団法人日本食品衛生協会
公益事業部食品衛生推進課 岡本、児玉
TEL 03-3403-2112
備考 宮崎県公報(令和4年10月20日)new

ページの先頭へ戻る

 


ページの先頭へ戻る

照会先

厚生労働省医薬・生活衛生局

食品監視安全課

東京都千代田区霞が関1-2-2

電話番号 03-5253-1111(代表)内線2476