ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 食品> 牛海綿状脳症(BSE)について> 輸入牛肉対策について> 査察実績

査察実績

オランダにおける食肉処理施設の査察実績

 

 平成2410月の食品安全委員会による食品健康影響評価に基づき、その範囲内で輸入を解禁するため、オランダと協議を行い、厚生労働省は事前に担当者を派遣し、日本向け食肉処理施設の対日輸出条件の遵守状況(月齢の確認、特定危険部位(SRMSpecified Risk Material)の除去の状況)等について、現地調査により確認・検証を行いました。

実施年 期間
平成25年
(2013年)
1月9日~1月11日

 

フランスにおける食肉処理施設の査察実績

 平成2410月の食品安全委員会による食品健康影響評価に基づき、その範囲内で輸入を解禁するため、フランスと協議を行い、厚生労働省は事前に担当者を派遣し、日本向け食肉処理施設の対日輸出条件の遵守状況(月齢の確認、特定危険部位(SRMSpecified Risk Material)の除去の状況)等について、現地調査により確認・検証を行いました。

実施年 期間
平成25年
(2013年)
1月14日~16日

 

アイルランドにおける食肉処理施設の査察実績

平成2510月の食品安全委員会による食品健康影響評価に基づき、その範囲内で輸入を解禁するため、アイルランドと協議を行い、厚生労働省は事前に担当者を派遣し、日本向け食肉処理施設の対日輸出条件の遵守状況(月齢の確認、特定危険部位(SRMSpecified Risk Material)の除去の状況)等について、現地調査により確認・検証を行いました。

実施年 期間
平成25年
(2013年)
11月18日~22日

英国における食肉処理施設の査察実績

 平成30年2月の食品安全委員会による食品健康影響評価に基づき、その範囲内で輸入を解禁するため、英国と協議を行い、厚生労働省は事前に担当者を派遣し、日本向け食肉処理施設の対日輸出条件の遵守状況(月齢の確認、特定危険部位(SRMSpecified Risk Material)の除去の状況)等について、現地調査により確認・検証を行いました。

実施年 期間
平成30年
(2018年)
7月9日~13日

 

 

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 食品> 牛海綿状脳症(BSE)について> 輸入牛肉対策について> 査察実績

ページの先頭へ戻る