医師臨床研修ガイドライン ー2020年度版ー

医師臨床研修指導ガイドライン -2020年度版-

 平成16年4月に現今の医師臨床研修制度が実施されて以来見直しが行われていなかった臨床研修の到達目標は、平成25年12月の厚生労働省医道審議会医師分科会医師臨床研修部会報告書において、2020年度(平成32年度)に予定されている制度見直し時に見直すこととされました。
 この決定を受けて、平成26年度以降、研究班が厚生労働省に組織され、到達目標を見直す過程で必要になる情報を収集し、見直し原案の策定作業を進めておりました。
 策定された原案は、厚生労働省内に平成26年度から設置された『医師臨床研修の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ』にて何度も審議され、最終的には、パブリックコメントを受けた後、平成30年3月の同医師臨床研修部会報告書で見直し案が確定し、同年7月3日付の厚生労働省医政局長の臨床研修省令の施行通知文書の別添<臨床研修の到達目標、方略及び評価>として発出されました。

 今般、上記<臨床研修の到達目標、方略及び評価>が2020年度より臨床研修において円滑に導入されることを目的とし、平成17年公表の「新医師臨床研修制度における指導ガイドライン」を見直し、臨床研修の指導者のための「医師臨床研修指導ガイドライン-2020年度版-」を新たに策定することにしました。
 本ガイドラインは、平成30年度厚生労働行政推進調査事業費事業『新たな臨床研修の到達目標・方略・評価を踏まえた指導ガイドラインに関する研究』研究班および厚生労働省医師臨床研修推進室にて取りまとめ、平成31年3月時点版として公表するものです。
 今後、関係の皆様方からいただく御意見等を踏まえ、改訂版を厚生労働省のホームページに公表していきたいと考えております。
 また、本ガイドラインは、現行の到達目標等の見直し内容を簡潔にまとめることを主眼とし、研修実施方法の詳細な記載はしておりません。必要に応じて、上記施行通知文書および本ガイドラインの内容と齟齬の生じない範囲において、従来の「新医師臨床研修制度における指導ガイドライン」を研修医教育の指針として御活用いただければと思います。