Approaching the essence─「社会のリアル」に学ぶ─

「罪を犯した人」のその後 支援とは何か、何ができるか
 

 厚生労働省は、国民生活に最も身近な省庁と言われますが、日々の業務で、一人ひとりの暮らしという視点を意識することが減っています。暮らしを支える社会のセーフティネットも弱まるなか、厚労行政の将来を担う職員が「社会のリアル」から学ぶ勉強会を、人事課と広報室で定期的に開催することにしました。今回は第一回勉強会の様子を紹介します。


<エピソード 1>
支援・被支援の関係ではなく、
「つながり」を増やしていく


 少年院や少年鑑別所などの退院者、公立高校などで家族の庇護が受けづらい子どもたちの支援を行っている井村さんの思う、彼らとのかかわり方について紹介します。



きっかけは少年受刑者の詩

 私は学生時代に不登校やひきこもりの子どもの居場所支援にかかわり、その後は就労困難者支援に携わりました。現在は認定NPO法人育て上げネットに所属。21年にわたり、社会的排除状態にある若者たちに寄り添ってきました。
 罪を犯した少年たちを支援する活動には、約10年前から取り組んでおり、私は主に少年院から仮退院してきた少年のその後にかかわっています。
 そのきっかけとなったのは、奈良少年刑務所の少年受刑者の詩98篇をまとめた『世界はもっと美しくなる』という詩集でした。親から「あなたなんか産むんじゃなかった」「死ねばよかったのに」など無慈悲な言葉を浴びせられ、自分は必要のない人間だと語る少年の叫びが胸に迫り、何かできることはないかと思ったのです。


少年たちの学習意欲を支援

 近年は、若者が社会的排除状態に陥る前に、「どうすれば親身な大人と信頼関係を築くことができるか」をテーマに活動しています。
そのひとつが今回ご紹介したい多摩少年院での学習支援活動です。現在はコロナ禍のため文通による指導をしていますが、2019年までは毎週のように訪問していました。彼らは90分の個別指導をとても喜んでくれます。その学習意欲の高さは、今まで学ぶ機会がなかったことを示しているのではないでしょうか。
 彼らは、存在を無視されたり、馬鹿にされたり、迷惑がられたりして、真正面から受け止めてくれる人がいなかったため、学習理解の実感も得られなかったのだと思います。
 そこで、私たちは学習前によく話を聞いて、各人に合った適切な目標設定をすることを重視しています。少年院仮退院後の発言でよく耳にするのは「俺は一番になる」です。これは、今までできなかったことを取り戻したい、頑張りたいという意思表明にほかなりません。しかし、能力や環境が追いつかないと実現は困難です。彼らには、具体的な目標を共に考え続けてくれる人の存在が必要だと思います。


信頼関係をどう築くかが肝

 少年院から仮退院しても、親元に帰れなかったり、あるいは親がいない少年がいます。少年院や学校にいる間は先生たちがかかわってくれますが、社会に出てきた途端に誰も自分を見てくれなくなり再び社会的に排除されます。
 『誰もボクを見ていない~なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか~』という毎日新聞記者のルポルタージュがあります。その少年は小5のときから学校に行かせてもらえず、親に連れられてラブホテルや野外で暮らしてきました。親が少年に祖父母を殺害して金銭を奪うことを強要したため、犯罪に手を染めてしまったのです。犯罪の肯定はできませんが「誰もボクを見ていない」、これは非常に重い言葉です。
 学習指導に通っているうちに、彼らの前で「支援」という言葉が使えなくなりました。この言葉は上下関係の意味を含んでいると、私には思えるからです。社会から排除され、大人に不信感を抱いている少年たちが、「支援」という言葉を使う人を信頼するでしょうか。支援できるスキルや能力より、彼らとの関係性を築くことが最も重要だと考えます。
 本人たちから「応援してほしい」と言ってもらえる信頼関係をどう作っていくかが支援の肝だと考えています。
 罪を犯した少年たちのリアルは、遠くから眺めているだけでは知ることはできません。ぜひ直接出会う機会をもってください。支援・被支援という関係ではなく、国民の力を活かしあって「つながり」を増やしていくことが、今の社会にとって重要な課題だと考えます。



<エピソード 2>
社会の狭間に落ちてしまう出所者
リアルを知るには想像力を


 伊豆丸さんが出会ってきた罪を犯した人たち。彼ら一人ひとりと向き合ってきた日々から考える、社会問題。そのリアルについて、事例をもとに紐解きます。



約830人の
出所者等を支援


 私は現職に就く前、長崎県の地域生活定着支援センターに勤務していました。主な業務は、刑務所等からの出所者への支援です。センターの事業は社会・援護局総務課が所管しており、基本的に各都道府県に1カ所配置されています。2009(平成21)年に長崎県に最初に設置されて以来、私は12年間にわたり約830人の罪を犯した障害者・高齢者に寄り添ってきました。彼らが社会でどのような生きづらさを抱えていたのかを、実例を挙げながらご紹介したいと思います。


手話ができなかったろうあ者

心を揺るがしたリアル①
被告人A氏(男性/ろうあ者)
受刑歴:19回
主な罪名:住居侵入・窃盗

 A氏に初めて面会したのはまだ裁判中の拘置所でした。彼はろうあ者だったため手話通訳士が同席したのですが、手話がまったく通じなかったことに驚きました。19回も刑務所に服役していたために、手話を使う機会が乏しく、唯一のコミュニケーション手段であった手話能力が著しく減退していたのでした。「言葉」を失っていたのですから、どんなにか社会復帰が難しかったことか……。
 ただ、そのときに唯一読み取れた片言の手話がありました。それは「(刑務所は)仕事をする所。楽しい。」「あっち(刑務所)へ行って、仕事がしたい!」。後々、わかったことですが、彼はろうあ者だけの窃盗グループの一員として全国を転々としていたのです。刑罰を科すとは、反省を促し再犯を予防することが目的の一つですが、19回も服役し言葉を失った彼にとって、刑務所は単にわずかなお金がもらえる職場という認識でしかなかったのです。
 20回目の実刑判決が出たあと、控訴審を申し立てた際、知的障害があることも判明。彼が表現する“旅行”が、ろうあ者の仲間たちとの窃盗行脚だったという事実を知ったとき、私は社会の不条理?リアル?を知りました。


抜け出せない負の連鎖

心を揺るがしたリアル②
被告人B氏(男性/知的障がい)
罪名:住居侵入・窃盗
受刑歴:1回

 B氏に出会ったとき、彼は警察に逮捕されていました。B氏には知的障害があり、すでに障害者手帳を取得していました。母親は彼の障害基礎年金を搾取していたために、自宅近隣の店舗に侵入しては現金を盗むことを繰り返していたのです。
 家庭環境を知るため彼の実家を訪ね現地調査も行ったのですが、10人以上の兄弟の大半に知的障害があると直感的にわかりました。そして、母親の理解力も低いと感じました。彼を含めて10人以上の大家族ですから、自治体、福祉関係者、地域住民は誰もがこの一家の存在を認識していました。しかし、この一家には福祉の支援が届いていませんでした。放置されることで、孤立状態に陥り、孤立することが短絡的な犯罪を生むという負の連鎖のなかに陥っていました。その結果、近隣住民からは「出ていけ」という反対運動も起こり、排除や放置、孤立はさらに深刻なものとなっていました。
 彼はこれまで、微罪処分や不起訴、保護観察、最終的に服役などあらゆる刑事罰を受け続けてきましたが、ただ罰を受けるだけで、福祉の支援には結びついていませんでした。彼に出会い、本当に支援を必要としている人たちは私たちの目の前にいない。狭間にこそ真のニーズがあることを知りました。


生きづらさとは何か

 最後に、私が11年間かかわってきたコウイチさんとの歩みを紹介します。彼は不遇な環境から荒れた10代を過ごしていましたが、なんとか立ち直り、調理師免許も取得し、結婚もすることができました。ところが、原付バイクでの帰路、信号無視した車に衝突され半身不随に。妻は離れていきました。事故の賠償金が数千万円ありましたが、放埓な生活をしていたため数年で使い果たしホームレスに。ひもじさから無銭飲食をして逮捕。すぐに釈放されますが、帰る場所もお金もないため無銭飲食を繰り返し、ついに刑務所に。4回服役しました。出所後、彼には知的障害と高次脳機能障害もあることが判明。私たちのサポートを受け、念願だった一人暮らしを始めますが、放埓な生活ぶりは続きます。
 ところが、彼が通っていたスナックのママが福祉事業所を運営している常連客と彼を結び付け、今、彼はその福祉作業所で働いています。当初、私たちの支援は「スナックに行ってはいけない」「つけをしたらダメ」でしたが、今ではそのスナックが彼の居場所になっているのです。支援とは何か、寄り添うとは何かを考えさせられた体験でした。
 彼はたしかに犯罪者でした。でも、何度も立ち直ろうとしていました。幸せな結婚生活も長く続くはずでした。しかし、あの事故が、幸せな結婚生活も、仕事も、住まいも、健康な身体も、そのすべてを奪いました。罪を繰り返す人たちのなかには、刑務所と社会、制度と制度の狭間に落ちてしまい抜け出せない人たちがいます。
 その狭間を紡ぐ第一歩は、一人ひとりの想像力です。そのためにも彼らのリアルを知ってほしいと思います。



<意見交換>



野﨑●「自助努力」とは何かと考えさせられました。自助努力とは無関係に起こったことをきっかけに、本人のいろんなものが奪われていく。それでいて、刑務所に入るときも出た後も「自助努力だ」と言われる。それを強調することに意味があるのかと感じました。

井村●仮に自助努力という物差しで測るなら、少年院から出て、家もなくて携帯も契約できない、その状態から仕事探しできないといけない彼らは、私よりよっぽどがんばっているなと思います。

伊豆丸●自助努力の部分も狭間の部分も含めて、いかにリアルを知り想像できるような仕組みをつくっていくかが大事だ思います。制度・政策ではたぶん追いつかないので、当事者の声を届けて、多くの方がリアルを知り想像できるような仕組みをつくることで、社会が優しくなっていくのだと。

青木●私は出身が法務省でこれまでもお二人が支援してきたような少年とのかかわりが多くありました。彼らには小さいころからたくさん負い目があって寂しさを抱えている人たちが多いです。しかし、一般の方々には、罪を犯した人は怖いというイメージが先行していて、そのギャップに悩んできました。制度をつくるだけではなくどうやって制度に温かみを持たせるのか、あるいは制度でできない部分をどう埋めるのか、そのヒントをいただきとてもありがたかったです。

井村●若者の支援には「知ることが第一の支援」という言葉があります。なるほどこういうことなのかと知ると、じゃあ自分たちには何かできるのかな、となっていく。
 制度はすごく大事だと思いますが、たくさんの人が実情を知ることができることも必要です。TikTokを含めてSNSで当事者発信が簡単になりましたが、そこに大きな可能性を感じています。

伊豆丸●地域、地域と思わなくていいというのが率直な感想です。支援者の価値観であれこれ考えても、大きな地域を求める人もいれば、小さな地域を求める人もいる。大きな地域を勝手にイメージして溶け込ませようとすると、本人にはプレッシャーになります。本人中心にやりたいことをド真ん中からサポートする方がいいのではないでしょうか。



引間●私は、更生保護と福祉の連携をやりたくて厚労省に入りましたが、何をしたらいいのか迷いがありました。厚労省にも関心のある人が結構いるとわかり、その人たちと地域で困っている人とどうやってつながれるか、まだ答えはありませんがこれからも考えていきたいです。

吉田●人の幸せに一番大事なのは人と人とのつながりで、それに真正面から向き合えると思って厚労省に入りました。改めて志望動機を思い出して、また頑張ろうと思いました。コロナの影響で職員が現場に触れる機会が減る中、研修という観点からも良い試みだと思いました。

オンライン参加者●TikTokも興味のあるものしか見てもらえません。リアルをどう届ければよいのでしょうか。

オンライン参加者●共通の目標を作るのではなく、一人ひとりに寄り添っていく大切さを感じると同時に、これから求められる社会のあり方についても考えさせられました。

オンライン参加者●厚労省の役人としてできることと一人の人間・大人としてできること、前者で考えがちですが、自分の役割を広げて考える必要があると感じました。

伊豆丸●リアルを知らない学生や若者に大人世代がリアルを届ける、知恵を絞ってその仕組みをつくれば、施策をつくる何倍ものスピードでイノベーションが起きていくと考えています。

井村●一人ひとりに対して尊敬の気持ちをもって接することができるかがこれからの社会に求められると思います。分断が進む中で、お互いをたたき合うようなことが現実に起こりつつあるかもしれない。しかし、誰もが求めていることは、尊敬されたい、大切に扱われたい、ということだと思います。



〈主催者から〉
 厚生労働省が担う制度・政策はどれも、一人ひとりの生活を支えることを目的としています。国民の暮らしの実情や実践に学びそれを政策に結びつける、今後も、その伝統を継承することが大切と考えています。
 今回の勉強会では、「罪を犯した人」という、職員の日常業務から少し遠いテーマをあえて設定しました。それは担当する業務を超えて、「社会のリアル」に学ぶという趣旨にどのくらい共感してもらえるのかを試したかったからでもあります。それにもかかわらず、約100名の若い世代の職員が自主的に応募してくれました。思った以上の関心の高さに、私たちも驚くと同時に未来への手応えを感じました。
 勉強会には、今後も、さまざまな生きづらさを抱える方の支援に当たっている実践者や当事者の方たちをお招きします。社会のリアルをありのままに伝えていただき、私たちが職業人の前に一人の個人として、そのリアルに学んでいくつもりです。勉強会の様子は本誌でも随時紹介させていただきます。読者の皆さんからのご感想もお待ちしています。

野﨑伸一:大臣官房総務課 広報室長
吉田 慎:大臣官房 人事課企画官






 
出  典 : 広報誌『厚生労働』2021年1月号 
発行・発売: (株)日本医療企画(外部サイト)
編集協力 : 厚生労働省