調査/2020年度人口動態調査(職業・産業)にご協力をお願いします

 出生や死亡、死産があった場合や、婚姻、離婚をされた方には、それぞれ「出生届」「死亡届」「死産届」「婚姻届」「離婚届」を市区町村の窓口に提出していただいています。

 各届出は、5年に一度の国勢調査が行われる年度には、職業の記入も(死亡届には産業の記入も)お願いしています。

 届出は厚生労働省が毎年実施する「人口動態調査」にも活用されています。人口動態調査では、出生・死亡・死産・婚姻・離婚の状況を調べており、人口動態事象と職業および産業との関連を明らかにし、その調査結果は、公衆衛生、労働衛生、社会福祉など各施策のための基礎資料として活用されています。

 人口動態調査で知り得た情報は統計法により、厳しく守られていますので、安心してご記入ください。


〈対象〉
2020年4月1日から2021年3月31日までの出生・死亡・死産・婚姻・離婚の届出

〈調査方法〉
各届書の届出をされるときに、それぞれ職業をご記入ください。

(記入例)
 ・医師・教員など…「専門・技術職」
 ・一般事務員など…「事務職」
 ・販売店員・営業職従業者など…「販売職」
 ・美容師・ホームヘルパーなど…「サービス職」
 ※死亡届にはこのほか、「農業」「建設業」「製造業」「不動産業」といった産業も併せてご記入ください。


 届出をする市区町村の窓口に「出生・死亡・死産・婚姻・離婚の届出をされる方にお願い(職業・産業例示表)」を備え付けていますので、ご参考のうえ、記入をお願いします。ご不明な場合は、窓口でお尋ねください。

人口動態職業・産業別統計