イベント・医薬/薬の正しい使い方、かかりつけ薬剤師・薬局の役割を知る大切さ


 皆さんは薬を正しく使えていますか? 薬は病気やけがを治すために使いますが、間違った使い方をすると、効果がないばかりか体に害を及ぼすおそれもあります。「薬と健康の週間」を機会に薬についてもっと知りましょう。

 毎年10月17~23日は薬と健康の週間です。薬の正しい使い方や、薬剤師などの薬の専門家の役割を知ってもらうための週間です。薬を使うときは、決められた量、使うタイミング・期間を守ることが大切です。また、複数の薬を使うときは、飲み合わせに注意が必要です。薬についてわからないことがあれば、薬剤師に相談しましょう。

 では、どのような薬剤師に相談したら良いのでしょうか。皆さんは「かかりつけ薬剤師・薬局」を知っていますか? 複数の医療機関を受診していても、かかりつけ薬剤師・薬局に処方箋を持っていくことで、薬の情報をまとめて把握し、薬の重複や飲み合わせをチェックしてくれます。自宅または職場に近い薬局や相談しやすい雰囲気の薬局、信頼できる薬剤師など、自分に合ったかかりつけ薬剤師・薬局を見つけることが大切です。

 2016年から、地域住民の健康維持・増進を積極的に支援する「健康サポート薬局」の制度が始まりました。薬に関する相談はもちろん、健康に関わるさまざまな相談に応じてくれますので、かかりつけ薬剤師・薬局を選ぶときの参考にしてください。

 薬と健康の週間の前後の期間では、お薬相談会や健康講座、薬剤師の体験コーナーなど、さまざまなイベントが全国各地で開催されます。厚生労働省ホームページに全国で開催されるイベントの一覧を掲載します。ぜひ近くで開催されるイベントに参加してみてください。

薬と健康の週間