ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2021年9月> 麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動を実施します

 





 
 令和3年9月24日
 【照会先】
  医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課
    課長補佐 天野 裕司 (2781)
    主  査 河上 千尋 (2796)
    (代表電話) 03-5253-1111
  (直通電話) 03-3595-2436
 
 
 











報道関係者各位

 
 

麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動の実施について

~薬物乱用の根絶に向けた啓発を強化します~


 
 

 厚生労働省は、都道府県と共催して、10月1日(金)から11月30日(火)までの2か月間、「麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動」を実施します。

 

 令和2年の我が国の大麻事犯の検挙人員は、7年連続で増加し、過去最多を更新しました。このうち、30歳未満の若年層が65%以上を占めており、大麻乱用期とも言える状況です。
 麻薬、覚醒剤、大麻、危険ドラッグ等の薬物の乱用は、乱用者個人の健康上の問題にとどまらず、さまざまな事件や事故の原因になるなど、公共の福祉に計り知れない危害をもたらします。一度でも薬物に手を出さない・出させないことは極めて重要であり、国民一人ひとりの理解と協力が欠かせません。
 この「麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動」は、薬物の危険性・有害性をより多くの国民に知っていただき、一人ひとりが薬物乱用に対する意識を高めることにより、薬物乱用の根絶を図ることが目的です。

 

「麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動」の概要

・実施期間 令和3年10月1日(金)から11月30日(火)までの2か月間

・実施機関 主 催:厚生労働省、都道府県

       後 援:内閣府、警察庁、法務省、最高検察庁、財務省税関、文部科学省
            海上保安庁、公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター

・主な活動 例年実施している麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動地区大会は、新型コロナウイルスの影響により、地域の実情に配慮した上で下記活動を実施します。

        ●正しい知識を普及するためのポスター、パンフレット等の作成・掲示

        ●薬物乱用防止功労者の表彰

                                                               

別添1 令和3年度麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動地区大会日程表(厚生労働省と都県の共催)
別添2 令和3年度麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動都ポスター
別添3 令和3年度麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動実施要項
 



 

 
 
 

 
 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。



  

携帯ホームページ

携帯版ホームページ では、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2021年9月> 麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動を実施します

ページの先頭へ戻る