平成30年度厚生労働省新規採用職員入省式

2018年4月2日(月)
厚生労働省内講堂
平成30年度厚生労働省新規採用職員入省式

 厚生労働省は、平成30年度新規採用職員168名の入省式を行いました。
 新規採用職員の代表者から「服務の宣誓」を受けた蒲原厚生労働事務次官は、訓示のなかで
 「厚生労働省は、働き方改革や子育て支援、医療、介護、年金など、すべての人に安心と生きがいをもたらす政策を担っており、地域共生社会、さらには、一億総活躍社会の実現において、まさに中心的な役割を担っています。
 国民生活に最も近いところで仕事をするのが厚生労働省だという認識と覚悟をもって、ともに全力で取り組み、国民の方々からの信頼を得られるよう、力を合わせて頑張りましょう」
 と述べました。

(大臣官房人事課)

訓示する蒲原厚生労働事務次官
入省式の様子