福島第一原子力発電所視察

2018年4月1日(日)
東京電力ホールディングス株式会社 福島第一原子力発電所
廃炉・汚染水の対策状況について説明を受ける加藤厚生労働大臣

 加藤厚生労働大臣は、福島第一原子力発電所を視察し、廃炉・汚染水の対策状況、安全衛生の確保、被ばく低減措置などについて説明を受けるとともに、意見交換を行いました。
 加藤厚生労働大臣は、意見交換の中で東京電力ホールディングス株式会社に対し
 「廃炉を見据えた長い作業プロセスの中で、さまざまな状況が変化すると思いますが、その段階毎に、働く方の被ばく線量管理や低減措置などの労働安全衛生の確保に留意してしっかりと取り組んでいただきたく存じます」
 と要請しました。

(労働基準局安全衛生部労働衛生課)

意見交換の様子
危険体感施設について説明を受ける加藤厚生労働大臣