ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 輸入食品監視業務

輸入食品監視業務

輸入食品の安全を守るために

カロリーベースで約6割を海外から輸入される食品に依存しているわが国において、今や輸入食品をなくして国民の食生活は成り立たないものとなっています。
このため厚生労働省では、国民の「食の安全」を確保するための重要な課題として、輸入食品の安全性確保に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

施策紹介

海外から日本国内へ食品等を販売などの目的で輸入する際に必要な手続きについて掲載しています。

輸入食品監視指導計画に基づく監視指導結果及び輸入食品監視統計、検査命令、モニタリング検査、その他の通知等について掲載しています。

輸入時検査等において食品衛生法違反となった事例を掲載しています。

二国間協議、現地調査、技術協力等の輸出国における対策を掲載しています。

規格基準等の輸入食品の監視指導や衛生管理等に関する参考情報を掲載しています。

よくあるご質問について掲載しています。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

動画を見るためには、Adobe Flash Playerというソフトが必要です。 Adobe Flash Playerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 輸入食品監視業務

ページの先頭へ戻る