ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 動物の輸入届出制度

動物の輸入届出制度

「動物の輸入届出制度」は、輸入動物を原因とする人の感染症を防ぐためのものです。
海外に持ち出した動物や海外で購入した動物は、日本に持ち込むことはできません。
ただし、輸出国政府発行の衛生証明書を入手し、検疫所での届出手続を行うことで、持ち込める場合があります。
持ち込めない場合、動物は持ち出し国に返送するか、殺処分になります。
  ※対象動物:陸生哺乳類(家畜、犬、猫、あらいぐま、きつね、スカンクを除く)、鳥類(家きんを除く)、齧歯目の死体

2.制度の詳細

(1) 法律・省令・告示

(2)届出書

様式

記載方法

届出対象動物の種類名リスト

(4)輸出国政府が指定した齧歯目の保管施設

齧歯目に属する動物(高度な衛生管理がなされた齧歯目を除く。)の場合、日本の施設基準に適合しているとして輸出国政府機関による保管施設の指定がなされている必要があります。輸入しようとする齧歯目の動物の保管施設について、輸出国の政府機関が指定した施設に該当するか否かについては、下記の問い合わせ先に確認してください。

(5)検疫所窓口における届出書類の事前確認について

(6) 検疫所の届出窓口一覧

(7) 「厚生労働省電子申請・届出システム」による届出について

e-Govによる電子申請での受付は平成28年1月31日(日)をもって終了となりました。
ご不明な点は、下記連絡先へお問い合わせ下さい。

4.動物の輸入届出制度Q&A

  • ※次の動物の輸入手続きについては、農林水産省動物検疫所にお問い合わせ下さい。本制度の対象外動物となります。
    犬、猫、あらいぐま、きつね、スカンク、サル、家畜、偶蹄類の動物、家禽

問い合わせ先:

輸入しようとする海空港の検疫所窓口
又は
厚生労働省健康局結核感染症課
動物由来感染症担当
電話:03-5253-1111(内2384)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 動物の輸入届出制度

ページの先頭へ戻る