ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 特定健診・特定保健指導について

特定健診・特定保健指導について

 生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより予防可能です。
 ご自身の健康状態を毎年確認し、健康づくりにつなげていくことが重要です。1年に一度、特定健診を受診し、生活習慣の改善が必要な方は、特定保健指導を受けましょう。

特定健診とは
日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。
特定保健指導とは
特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

まだ受診されていない方はご自身が加入している医療保険者(自営業の方は市区町村へ、会社等へお勤めの方(被扶養者を含む)は、お勤め先)までお問い合わせ下さい。
※お勤めの方で、事業者健診(お勤め先で実施する健診)を受診された方又は受診予定の方は、新たに特定健診を受診する必要はありません。

ページの先頭へ戻る

1.関連資料

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

4.関係通知、Q&A

特定健診・特定保健指導に関する通知、Q&A

(1)特定健診・保健指導の実施について

(2)特定健診・保健指導の実施者研修について

(3)特定健診・保健指導の電子的な標準様式について [特定健診・保健指導の実施機関⇒医療保険者]

(4)特定健診・保健指導の実施状況報告について [医療保険者⇒支払基金]

(5)特定保健指導の質の管理

(6)保険者間の特定健診等のデータ移動について

(7)医療費控除等について

(8)消費税について

(9)協力依頼について

(10)Q&A

(11)その他

ページの先頭へ戻る

5.事例

  • ※準備中

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

担当:保険局医療介護連携政策課データヘルス・医療費適正化対策推進室

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 特定健診・特定保健指導について

ページの先頭へ戻る