ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 消費者向け情報 > 毒キノコによる食中毒に注意しましょう

毒キノコによる食中毒に注意しましょう




! サイト内リンク (参考)過去のキノコを原因とする食中毒発生状況 (エクセルファイル [85KB])

食用と間違えやすい毒キノコの例

クサウラベニタケ

クサウラベニタケ

【症状】

食後20分〜1時間程度で嘔吐,下痢,腹痛など消化器系の中毒を起こす。唾液の分泌、瞳孔の収縮、発汗などの中毒症状も現れる。

【間違えやすいキノコ】

ウラベニホテイシメジ,ホンシメジ,ハタケシメジ

ツキヨタケ

ツキヨタケ

【症状】

食後30分〜1時間程度で嘔吐,下痢,腹痛などの中毒を起こす。

【間違えやすいキノコ】

ヒラタケ、ムキタケ、シイタケ

ニガクリタケ

ニガクリタケ

【症状】

食後3時間程度で強い腹痛、激しい嘔吐、下痢,悪寒などの中毒を起こす。重症の場合は、脱水症状、けいれんなどの症状が現れて死亡する場合がある。

【間違えやすいキノコ】

ナメコ,クリタケ,ナラタケ,ナラタケモドキ

猛毒キノコ「カエンタケ」が発生していますのでご注意ください。

!

カエンタケは、触るだけでも炎症を起こし、食べると死亡する場合もあります。

スギヒラタケは食べないようにしてください。

!

古くから食用とされてきましたが、食後、急性脳症のような症状を疑う事例が発生しています。

野生キノコから放射性物質が検出されています。

!

キノコ狩りする場合は、放射性物質のモニタリング検査結果や各種制限などの情報を、サイト内リンク 厚生労働省のホームページでご覧いただくほか、最寄りの自治体に直接問い合わせをしていただくなどしてご確認いただき、十分な注意を払ってください。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 消費者向け情報 > 毒キノコによる食中毒に注意しましょう

ページの先頭へ戻る