ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

施策紹介

「キャリアコンサルティング」について

(1)「キャリア」とは

 「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」、さらには「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないしは継続性を持った概念とされています。「キャリア」を積んだ結果として、「職業能力」が蓄積されていくものです。

(引用)平成14年7月、厚生労働省「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書 

(2)「キャリアコンサルティング」とは

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。

 

■キャリアコンサルティングはこんな時に活用できます。

・企業で働いている方の例「今よりいい仕事をするためにスキルアップしたいが、何から始めたら効果的かわからない」

・学生の例「就職活動をしているが、自分がどんな仕事に向いているのかわからない」「就職面接でうまく自己アピールできない」

・仕事を探している方の例「次の就職に向けて資格などを取得したいが、どのように選んだらいいかわからない」

 

 キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていくことが大切です。

 キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。

キャリアコンサルティングの効果について [191KB]

(3)キャリアコンサルティングの流れ

 

「キャリコンサルタント」について

「キャリアコンサルタント」とは

 「キャリアコンサルタント」とは、キャリアコンサルティングを行う専門家です。
 「キャリアコンサルタント」は、平成28年4月より国家資格になりました。キャリアコンサルタントは登録制の名称独占資格とされ、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。これにより、職業に関する相談を今まで以上に安心してできるようになりました。
 キャリアコンサルタントは、企業、需給調整機関(ハローワーク等)、教育機関、若者自立支援機関などの幅広い分野で活躍しています。

キャリアコンサルタントになるためには、キャリアコンサルタント試験に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することが必要となります。また、キャリアコンサルタントは5年ごとに更新を行い、最新の知識・技能を身につける必要があります。

「キャリアコンサルタント」名称独占について

 職業能力開発促進法に規定されたキャリアコンサルタントでない方は、「キャリアコンサルタント」又はこれに紛らわしい名称(※1)(※2)を用いることができません。これに違反した者は、 30 万円以下の罰金に処せられます。
(※1) 紛らわしい名称としては、「キャリア・コンサルタント」、「キャリアコンサルタント○○(キャリアコンサルタント専門士等)」、「キャリア○○コンサルタント(キャリア形成コンサルタント等)」、「○○キャリアコンサルタント(職業キャリアコンサルタント等)」、「○○キャリコン(標準キャリコン等)」、「キャリアコンサル」等があげられます。
(※2) いわゆる標準レベルのキャリア・コンサルタントであった方についても、キャリアコンサルタント名簿に登録しなければ、「キャリアコンサルタント」と名乗ることができませんのでご留意ください。

  • PDF 「キャリアコンサルタント」が国家資格になりました!(個人向けリーフレット) [1046KB]
  • PDF 「キャリアコンサルタント」が国家資格になりました!(企業向けリーフレット) [984KB]
  • サイト内リンク 平成28年3月までのキャリアコンサルタント制度についてはこちら
  • キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを受けたい方へ

     キャリアコンサルタントに相談したい方や、研修の講師などキャリア形成支援について依頼・相談したい企業・学校関係の方は、キャリコンサーチ(キャリアコンサルタント検索システム)で、全国のキャリアコンサルタントを検索するとともに、キャリアコンサルティング等を依頼することができます(※キャリアコンサルタントの方はキャリコンサーチ(キャリアコンサルタント検索システム)に登録することができます。)。

     なお、従前の標準レベルのキャリア・コンサルタントの情報について、検索・依頼サービスを提供していたホームページ(キャリア・コンサルネット)において掲載していた情報の一部を提供していたページについては、平成28年9月末をもって公開を終了しました。

    「キャリアコンサルティング技能士」との関係

     「キャリアコンサルティング技能士」とは、キャリアコンサルティング技能検定(国家検定)に合格した方をいいます。キャリアコンサルティング技能検定では実務経験年数が受検要件として設定されており、キャリアコンサルティング技能検定が求める能力水準は、キャリアコンサルタント試験が求める能力水準の上位に位置づけられます。具体的には、キャリアコンサルティング技能士1級は指導レベル、2級は熟練レベルとして位置づけられています。
     キャリアコンサルティング技能検定試験は、特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が、厚生労働大臣から指定試験機関としての指定を受けて実施しています。

    ページの先頭へ戻る

    関連情報

    ページの先頭へ戻る


    ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

    ページの先頭へ戻る