ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労働基準行政の概要

労働基準行政の概要

賃金や労働時間、労災事故・職業病の防止のための取組などについての最低条件・最低基準は、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法などの法令において定められています。また、労働契約の締結、変更、終了などに関する基本的なルールについては、労働契約法において定められています。
労働法に関する解説・テキストも掲載しております。

ページの先頭へ戻る

労働災害に遭った方、通勤災害に遭った方への保険給付や社会復帰のための支援事業などを行っています。

ページの先頭へ戻る

事業場に対し監督指導を行い、賃金や労働時間などの法定労働条件の履行確保を徹底するとともに、労働契約に関するルールの周知などを図っています。

ページの先頭へ戻る

「仕事と生活の調和」に向けた働き方の見直しや、勤労者の財産形成の援助、中小企業にお勤めの方の退職金共済制度の運営などを行っています。

ページの先頭へ戻る

多発する労働災害の防止対策や、過重労働対策、メンタルヘルス対策、アスベスト対策などを進めることにより、労働者の安全と健康の確保を図っています。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労働基準行政の概要

ページの先頭へ戻る