ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 日本とOECD

日本とOECD

OECDの概要

 経済協力開発機構(OECD:Organisation for Economic Co-operation and Development)は、先進35カ国からなる国際機関(本部はフランス・パリ)です。OECDでは、少子高齢化に伴う雇用問題・社会問題など共通する課題を抱える加盟各国の政策の分析、データベースの構築、比較研究等を通じ、各国の経験の共有を図るとともに、課題への適切な対応策等について検討しており、「世界最大のシンクタンク」とも呼ばれています。

ページの先頭へ戻る

OECDの活動(主に労働、社会政策、保健分野)

主な会合

各会合のリンク先では、会合開催の背景や会合結果について紹介しています。

その他の活動

ページの先頭へ戻る

関連情報

厚生労働省ホームページ以外の情報についてはこちらをご参照ください。

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 日本とOECD

ページの先頭へ戻る