ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 日本とOECD > OECD保健大臣会合

OECD保健大臣会合

OECDでは、加盟国の保健担当大臣が集い、保健医療分野の問題について議論するため、概ね5〜6年おきに保健大臣会合を開催しています。2017年1月17日に開催された第3回会合では、「次世代の医療改革」をテーマに議論が行われ、会合の成果として閣僚声明が取りまとめられています。

今回の会合には塩崎厚生労働大臣が出席し、医療分野での効率化のための我が国の取組を紹介したほか、高額な医療に関して、患者にとっての価値を最大化し、医療保険制度の持続可能性とイノベーションを均衡させるため、率先して取り組む決意を表明しました。その他、会合に先立って前日に開催された政策フォーラムではパネリストとして登壇し、我が国の保健医療分野の長期ビジョンである「保健医療2035」とそれに基づく取組について紹介しました。

 

・開催日時 平成292017)年116日(月)・17日(火)

・開催場所 フランス(パリ)

・議長     ジェレミー・ハント保健大臣(英国)

・議題     (1) 非効率な医療費支出と無駄への取り組み

             (2) 高価格な医療措置と個別化医療への対応

             (3) 医療専門職の役割の見直し

             (4) 医療ケアにおけるビッグデータの管理

       ※(1)は全体会合。(2)(4)は分科会。日本は(1)及び(2)に参加。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 日本とOECD > OECD保健大臣会合

ページの先頭へ戻る