ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 仕事をお探しの方へ > 長期療養者就職支援事業

長期療養者就職支援事業

事業内容

概要

 近年、医療技術の進歩や医療提供体制の整備等により、がん患者の5年後の生存率がおよそ60%までに向上している状況などの中、がん、肝炎、糖尿病等の疾病により、長期にわたる治療を受けながら、生きがいや生活の安定のために就職を希望される方に対する就職支援を推進することが社会的課題となってきています。
 このため、厚生労働省では、
ハローワークに就職支援ナビゲーター
を配置し、 がん診療連携拠点病院などとの連携のもと、個々の患者の希望や治療状況を踏まえた職業相談・職業紹介、患者の希望する労働条件に応じた求人の開拓、患者の就職後の職場定着の支援などの就職支援を全国的に実施しています。 また、がん診療連携拠点病院などへの出張相談による職業相談や労働市場、求人情報などの雇用関係情報の提供も行っています。

支援対象者

 がん、肝炎、糖尿病等の疾病により、長期にわたる治療等のために離職を余儀なくされた方又は転職を余儀なくされている方であって、就職を希望する方など

実施箇所及び連携先の拠点病院等

事業主のみなさまへ〜仕事と治療の両立ができる求人にご理解とご協力をお願いします。〜

 支援対象者の方々は概ね、手術等の治療が一段落し、術後の抗がん剤投与等に伴う通院や、2〜3か月に1回程度の経過観察による通院をしている方です。

この様な方々に対し、

・通院等による休日や休暇設定の配慮が可能な求人(通院に伴う平日休みが取得可能な求人)

・求職者の希望に応じて勤務時間等の労働条件について柔軟に対応できる求人

等、仕事と通院の両立が可能な求人にご理解とご協力をお願いします。

【照会先】

厚生労働省職業安定局首席職業指導官室 (内線 5774)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 仕事をお探しの方へ > 長期療養者就職支援事業

ページの先頭へ戻る