ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 年金 > 年金・日本年金機構関係 > 公的年金の積立金運用 > 教えて!年金積立金運用 なぜ年金積立金の運用は必要なの?

教えて!年金積立金運用 なぜ年金積立金の運用は必要なの?

Q1

なぜ年金積立金の運用は必要なの?

A1

 公的年金は、現役世代から高齢者世代へ仕送りするという「世代間扶養」が基本です。しかし、この仕組みでは、急激な少子高齢化が進むと、支え手の減少から保険料収入が減り、高齢者の増加から給付が増えることになります。
 そこで、最終的な保険料水準を決めて、その負担の範囲内で給付を行うことを基本に、社会経済情勢の変動に応じて、給付水準が自動的に調整される仕組みが導入されています。
 年金積立金は、この仕組みの中で将来も一定の給付を確保するために、あらかじめ保険料の一部を給付に充てずに積み立てたものであり、年金給付に必要な収入の大部分は、保険料収入や税金によりまかなわれていますが、この年金積立金を運用して得られた収入も活用しつつ、安定的な年金給付を行っています。
 なお、年金制度は長期的な制度であり、単年度の年金積立金の実績と将来見通しとの乖離状況をもって長期的な年金財政に直ちに影響を及ぼすものではありませんが、毎年度、この乖離がどの程度であるか等について比較検証しています。

ページの先頭へ戻る

年金積立金額の検証と実績の比較

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 年金 > 年金・日本年金機構関係 > 公的年金の積立金運用 > 教えて!年金積立金運用 なぜ年金積立金の運用は必要なの?

ページの先頭へ戻る