ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 障害者雇用対策 > 施策紹介 > 事業主の方へ > 障害者を雇い入れた場合などの助成

障害者を雇い入れた場合などの助成

雇い入れた場合

ハローワーク等の紹介により障害者を雇用する事業主に助成します。

障害者を試行的に3か月間雇い入れた場合、また、週20時間以上の勤務が難しい精神障害者・発達障害者を3〜12か月間かけて20時間以上の勤務を目指して試行雇用を行う場合、「障害者トライアル雇用奨励金」を受けることができます。

発達障害者又は難治性疾患患者をハローワークの紹介により雇い入れ、継続して雇用する労働者として新たに雇い入れた事業主に50万円(中小企業の場合120万円)を支給します。

障害者の雇用経験のない中小企業において、初めて障害者を雇用し法定雇用率を達成した場合に、120万円を支給します。

障害者の雇入れに係る計画を作成し、当該計画に基づき、障害者を10人以上雇用するとともに、障害者の雇入れに必要な事業所の施設・設備等の設置・整備を行う中小企業事業主に対し、当該施設・設備等の設置等に要した費用に応じて2000万〜3000万円を支給します。

事故や難病の発症等による中途障害等により、長期の休職を呼び無くされた労働者に対して、職場復帰のために必要な職場適応の措置を実施した事業主に対して助成するものであり、中途障害者等の雇用継続の促進を目的としています。

障害者の職場定着を図るため、障害者を雇い入れ、かつ、その雇用管理を行うために必要な業務遂行上の支援を行うものを配置する事業主に対して奨励金を支給します。

企業に雇用される障害者に対して、訪問型職場適応援助者による援助の事業を実施する障害者就業生活支援センター、就労移行支援事業を行う事業主などに対して助成するものであり、障害者の職場適応・定着の促進を図ることを目的としています。

自社において雇用する障害者に対して、企業在籍型職場適応援助者を配置して、職場適応援助を行わせる事業主に対して助成するものであり、障害者の職場適応・定着の促進を図ることを目的としています。

施設などを整備した場合

事業主が障害者を雇用するために、職場の施設等設置・整備や適切な雇用管理を図るための特別な措置を行った場合、その費用の一部を助成します。

職業能力開発をした場合

対象障害者に対して職業能力開発訓練事業を行うための施設または設備の設置・整備または更新を行う事業主に対して助成するものであり、障害者の雇用の促進や雇用の継続を図ることを目的としています。

対象障害者に対して職業能力開発訓練事業を行う事業主に対して助成するものであり、障害者の雇用の促進や雇用の継続を図ることを目的としています。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 障害者雇用対策 > 施策紹介 > 事業主の方へ > 障害者を雇い入れた場合などの助成

ページの先頭へ戻る