ホーム > 動物由来感染症 > 感染症情報 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について



  中東呼吸器症候群(
MERS )は、平成 24 年9月以降、 サウジアラビアやアラブ首長国連邦など中東地域で広く発生している重症呼吸器感染症です。 また、その地域を旅行などで訪問した人が、帰国してから発症するケースも多数報告されています。 元々基礎疾患のある人や高齢者で重症化しやすい傾向があります。

   ヒトコブラクダが、保有宿主(感染源動物)であると言われており、 MERS が発生している中東地域では、ラクダと接触したり、ラクダの未加熱肉や未殺菌乳を摂取することが感染するリスクがあると考えられます。 また、発症した人と濃厚接触した人での感染も報告されています。これらは、咳などによる飛沫感染や接触感染によるものであると考えられています。

 
  厚生労働省は、中東地域に旅行される方に対する注意喚起を実施しています。 また、空海港にある検疫所では、中東地域を訪問した方に対して健康相談を実施しています。 中東地域に行ってラクダに乗ったなど、 MERS に感染するリスクのある行動をとった方は、検疫所にご相談ください。 中東地域に渡航する際は、ラクダとの接触を避けるようお願いします。

1 中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A

2 自治体、医療機関向けの情報

 

2015年10月07日更新 PDF 中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生時の対応に関するQ&Aについて(一部改正)(事務連絡) [247KB]
PDF 別紙:中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生時の対応について [4,819KB]
2015年09月18日更新 PDF 中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生時の対応について [1,232KB]
2015年06月19日更新 PDF 中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生時の対応に関するQ&Aについて(事務連絡)廃止 [247KB]
2015年06月10日掲載 PDF 中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生時の対応について
2015年06月04日掲載 PDF 韓国における中東呼吸器症候群(MERS)への対応について
2015年06月01日掲載 PDF 韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の発生について
2015年01月21日掲載 PDF 中東呼吸器症候群(MERS)及び鳥インフルエンザA(H7N9)の二類感染症への追加後の対応について
2015年01月21日掲載 PDF 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)
2014年07月16日掲載 PDF 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14項第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)
2014年07月16日掲載 PDF 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第13条第1項の規定に基づく届出の基準について(一部改正)
2014年07月16日掲載 PDF 中東呼吸器症候群を指定感染症として定める等の政令の施行等について
2014年05月16日掲載 PDF 中東呼吸器症候群(MERS)に関する対応について(協力依頼)
2012年11月30日掲載 PDF 新種のコロナウイルスによる感染症の発生について(症例定義の変更)
2012年09月26日掲載 PDF 新種のコロナウイルスによる感染症の発生について(情報提供及び協力依頼)

ページの先頭へ戻る

動画を見るためには、Adobe Flash Playerというソフトが必要です。 Adobe Flash Playerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 動物由来感染症 > 感染症情報 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

ページの先頭へ戻る