ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために

外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために

外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために

外国で看護師免許を取得している方が、日本で看護師として働くためには、日本の国家試験に合格し、免許を取得する必要があります。

看護師国家試験を受験するには、まず受験資格を得る必要があります。この受験資格を得ることのできる制度が、受験資格認定です。

受験資格認定に当たっては、保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第21条第5号に基づく認定基準によって審査を行います。

認定された方には、厚生労働大臣から認定書が交付され、国家試験の受験手続きを進めることができます。

看護師以外に、保健師、助産師の国家試験受験資格認定があります。受験資格認定の手続きと審査方法は、以下をご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

担当:厚生労働省 医政局 看護課

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために

ページの先頭へ戻る