ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用均等 > 雇用における男女の均等な機会と待遇の確保のために > 「妊娠したから解雇」は違法です

「妊娠したから解雇」は違法です

職場でつらい思い、していませんか?

妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止に関する法令の概要などは、まずこちらをご覧下さい

リーフレット:女性の方向け

・P1:法令の概要
・P2:妊娠・出産・育児をしながら働くための制度

妊娠・出産、育児休業等を理由とする不利益取扱いに関する解釈通達を改正しました

根拠法令、解釈通達はこちらをご覧下さい

平成27年1月に男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法の解釈通達を改正しました。
内容は、妊娠・出産、育児休業等を「契機として」なされた不利益取扱いは、原則として違法と解されることを明確化するものです。

通達本文をご覧になりたい方はこちら

関連情報:職場での母性健康管理の推進のために

参考になるパンフレットやホームページを紹介しています

働く女性の妊娠、出産・育児について法律で定めていることをまとめたパンフレットです。

医師等から勤務時間の短縮などの指導を受けた場合に、その内容を会社へ的確に伝えられるようにするためのカードです。

職場における母性健康管理を推進するため、企業や働く女性に対して母性健康管理に関する情報を提供する支援サイト「妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場作りナビ」を開設しています。

ページの先頭へ戻る

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用均等 > 雇用における男女の均等な機会と待遇の確保のために > 「妊娠したから解雇」は違法です

ページの先頭へ戻る