ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 労働基準監督官

労働基準監督官採用試験

労働基準監督官(Labour Standards Inspector)とは

 全国では、約430万の職場で約5,200万人が働いています。
 働く人にとって安心・安全な職場環境を実現するためには、労働基準法などで定められた労働条件が確保され、その向上が図られることが重要です。
 労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる職場に立ち入り、法に定める基準を事業主に守らせることにより、労働条件の確保・向上、働く人の安全や健康の確保を図り、また、不幸にして労働災害にあわれた方に対する労災補償の業務を行うことを任務とする厚生労働省の専門職員です。

労働基準監督官採用試験

トピックス

2016年03月25日掲載 「平成26年度任官労働基準監督官からのメッセージ」を掲載しました。
2016年02月02日掲載 「平成28年度労働基準監督官採用パンフレット」を掲載しました。
2015年03月11日掲載 「平成25年度任官労働基準監督官からのメッセージ」、「試験問題例」を掲載しました。
2015年02月06日掲載 「平成27年度労働基準監督官採用パンフレット」を掲載しました。
2014年02月14日掲載 「若手監督官の1日」を掲載しました。

平成28年度 採用予定者数について

採用予定者数 約200名
※労働基準監督A 約160名
  労働基準監督B 約  40名

ページの先頭へ戻る

試験種目の一部(身体測定)廃止について

 平成25年の採用試験から、これまで第2次試験で行っていた身体測定が廃止となりました。
 これにより、
  ・裸眼視力がどちらか1眼でも0.6に満たない方(1眼でも矯正視力が0.7に満たない方)
  ・2000、1000、500各ヘルツでの検査結果をもとに算出した聴力デシベルが片耳でも50デシベル以上の方
についても合格することが可能になりました。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

先輩からのメッセージ・若手労働基準監督官の1日

先輩労働基準監督官から皆様への熱いメッセージを掲載しました。
是非ご覧ください!

ページの先頭へ戻る

直近3年の試験の実施状況

労働基準監督官採用試験 試験区分別実施状況(平成28年度) 

(単位:人)

試験の区分 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数
労働基準監督A 2,878(971) 668(192) 282(101)
労働基準監督B 795(121) 417(65) 120(26)
合計 3,673(1,092) 1,085(257) 402(127)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。

労働基準監督官採用試験 試験区分別実施状況(平成27年度)

(単位:人)

試験の区分 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数
労働基準監督A 3,148(1,019) 607(178) 297(109)
労働基準監督B 724(110) 363(60) 120(32)
合計 3,872(1,129) 970(238) 417(141)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。


労働基準監督官採用試験 試験区分別実施状況(平成26年度)

(単位:人)

試験の区分 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数
労働基準監督A 3,984(1,268) 603(156) 298(101)
労働基準監督B 1,007(141) 263(30) 90(13)
合計 4,991(1,409) 866(186) 388(114)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。


ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

労働基準監督官の業務や労働基準監督官採用試験に関して、不安に思うことや疑問に思うことがあれば、遠慮なくメールをお送りください。
担当者がお答えします! 

【電話でのお問い合わせ】TEL:03-5253-1111(内線5581) 厚生労働省労働基準局監督課監督係


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 労働基準監督官

ページの先頭へ戻る