ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 自然毒のリスクプロファイル > 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:テンナンショウ類

自然毒のリスクプロファイル:高等植物:テンナンショウ類

テンナンショウ類

一般名 テンナンショウ類  (別名:ヘビノダイハチ、ヤマゴンニャク(山蒟蒻))
分類 サトイモ目Arales、サトイモ科Araceae、テンナンショウ属 Arisaema
(APG分類体系ではオモダカ目、サトイモ科、テンナンショウ属)
学名 Arisaema spp.
マムシグサArisaema serratum (Thunb.) Schott など 
生育地 テンナンショウ属植物は北海道から沖縄まで分布し、その種類も30種程度と多い。代表的な種としてはマムシグサ、マイヅルテンナンショウ、中国地方から九州にはアオテンナンショウなどがある。林床に多いが、河川敷等にも見られる種もある。
ウラシマソウ、ユキモチソウ、関東以西〜九州に生えるムサシアブミなどは仏炎苞の形状などが変わっているため、観賞用として栽培されることもある。
発生時期 果実を付ける初夏から秋にかけて発生時期になると思われる。
形態

多年草で、地上部は普通葉を1〜2枚つけ、地下部には扁球形の地下茎がある。春から夏に、サトイモ科の特徴である肉穂花序と仏炎苞を持った花をつける。花後、トウモロコシ状の実を付け、熟すと普通朱赤色となるので特に子供の誤食には注意が必要である。

マムシグサ
マムシグサ
食中毒を起こした果実
食中毒を起こした果実
マムシグサの球茎
マムシグサの球茎
(写真提供:富山県中央植物園)
アオテンナンショウ
アオテンナンショウ
ムサシアブミ
ムサシアブミ
ヒトツバテンナンショウ
ヒトツバテンナンショウ
ユキモチソウ
ユキモチソウ
マイヅルテンナンショウ
マイヅルテンナンショウ
ウラシマソウ
ウラシマソウ
(写真提供:藤野廣春)
毒性成分 シュウ酸カルシウム(calcium oxalate )
中毒症状 口唇、口内のしびれ、腫れなどのほか、腎臓にシュウ酸カルシウムが沈着して腎機能を障害する。
発病時期 30分以内の短い潜伏期間の後に発症。
発生事例

(症例1)2009年 男児。
園外保育で生えていたマムシグサの若い果実を口にして、舌が痛いと訴えた。
医師の所見:1時間後、口唇が軽度の腫脹が見られた。
処置:ペリアクチン散、トランサミン散投与。

(症例2)2008年 若い男性。
川に流れてきたマムシグサ類の果実をトウモロコシと勘違いして食べたところ、口の中がしびれて、腫れた。
処置:不明

(症例3)2007年 男性
山間地の庭に生えていた野草を採取、その実を食べたところ、口の中のしびれや、喉の痛みを訴え、病院にかかる。後ほどテンナンショウ属であると判明した。

(症例4)2004年 男性
3名ホソバテンナンショウの実をタラの芽と間違え摂食。2名は1粒食べたところ、舌にシビレが出たためすぐに吐き出し、1名は2粒を飲み込んだため症状が重くなり入院した。
摂食後、約6時間後に診察を受ける。

患者数(過去5年間)
年度 発生件数 患者総数 摂食者総数
2009年度* 1件 1人 1人
2008年度* 1件 1人 1人
2007年度 1件 1人 1人
2004年度 1件 3人 3人
厚生労働省発表 ただし*はそれに載っていなかった症例や、症例数が少ないのでそれ以前の確認数を加えた総数
中毒対策 未熟の果実はトウモロコシに似ており、また、完熟した実は赤く美味しそうな色になるので、幼児や認知障害のある人の近くには植栽しない。また手の届く所には置かない。
諸外国での状況 世界には約170種あり、アジア、北アメリカ、アフリカの一部の、主に温帯域に分布するが、それらの国での誤食中毒は定かではない。
間違えやすい植物 今までの発生事例の多くは未熟の果実をトウモロコシと間違えて食べており、特に子供への注意が必要である。そのほかにタラノキの芽と間違えた事例もあるので注意する。

作成:藤野廣春(富山大学薬学部附属薬用植物園)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 自然毒のリスクプロファイル > 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:テンナンショウ類

ページの先頭へ戻る