ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 自然毒のリスクプロファイル > 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:カロライナジャスミン

自然毒のリスクプロファイル:高等植物:カロライナジャスミン

カロライナジャスミン

一般名 カロライナジャスミン
(別名: ゲルセミウム,イエロージャスミン,イブニングトランペット,トランペットフラワー,カロリナソケイ,ニセジャスミン) 
分類 リンドウ目 Gentianales、マチン科Loganiaceae、ゲルセミウム属 Gelsemium
(APG分類体系ではリンドウ目、ゲルセミウム科、ゲルセミウム属)
学名 Gelsemium sempervirens (L.) Ait.f.
英名 Carolina jasmine, false jasmine, evening trumpet flower
生育地 南米南東部〜グァテマラ共和国に分布する。日本では園芸用で、鉢植えやフェンスに絡ませて栽培されている。耐寒性が強く、関東以西では庭木として植栽可能。
形態

常緑蔓生灌木。蔓は6 m、葉は対生で、光沢のある長披針形。暗緑色で長さ 5〜10 cm、幅 2〜3 cm で波状縁をもつ。花は筒状、先端 5 裂平開で、径 1〜3 cm、暗黄色をつけ芳香がある。4〜5月に開花。八重咲きのものもみられる。

カロライナジャスミン

(写真提供:磯田 進)

毒性成分

ゲルセミンgelsemine、ゲルセミシンgelsemicine、センペルビリンsempervirineなどのインドールアルカロイド。

Gelsemium alkaloid の毒性は、中枢神経に作用し、特に呼吸中枢に対する直接作用であって、迷走神経には作用しない。また、心臓の機能に影響を与えることもない。末梢血管への作用も認められない。

中毒症状 脈拍増加、呼吸麻痺、中枢神経刺激作用、血圧降下、心機能障害など
発生事例 (症例1)2006年5月11日に群馬県前橋市で、家庭で観賞用に栽培していたカロライナジャスミンをジャスミン(モクセイ科ソケイ属Jasminum)の仲間だと誤認し、花をお茶にして飲んだ2名が同一症状を呈した。
患者数(過去5年間)
年度 発生件数 患者総数 摂食者総数
2009年度 0件 0人 0人
2008年度 0件 0人 0人
2007年度 0件 0人 0人
2006年度 1件 2人 2人
2005年度 0件 0人 0人
厚生労働省発表
中毒対策 有毒植物には、飲食される植物の名前をつけない配慮が必要。別名のゲルセミウムやトランペットフラワーの名前を使う。
その他の参考になる情報 同じ Gelsemium 属植物である G. elegans (G.Gaedn. et Champ.) Benth.「冶葛」にはカロライナジャスミンと同様に Gelsemium alkaroid が含まれる.
医薬品情報21(http://www.drugsinfo.jp/2007/08
間違えやすい植物 カロライナジャスミンの名前から,モクセイ科のジャスミンと間違える.

作成:中根孝久(昭和薬科大学天然物化学研究室)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 自然毒のリスクプロファイル > 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:カロライナジャスミン

ページの先頭へ戻る