ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 地域雇用対策

地域雇用対策

ページの先頭へ戻る

施策紹介

対策の概要

地域雇用開発促進法に基づく支援

雇用情勢に地域差がみられる中で、地域的な雇用構造の改善を図るため、次の2つの類型に該当する地域に対して重点的に支援を行っています。

  • 雇用開発促進地域(雇用情勢が特に悪い地域)への支援
    事業所の設置・整備や雇い入れ支援等雇用機会の拡大を図ります。(地域雇用開発助成金)
  • 自発雇用創造地域(雇用創造に向けた意欲が高い地域)への支援
    地域の関係者の創意工夫を活かした雇用創出を支援します。(実践型地域雇用創造事業、地域雇用創造推進事業(パッケージ事業)、地域雇用創造実現事業)

その他の雇用開発が必要な地域などに対する支援

  • 雇用情勢が厳しい地域での産業政策と一体となった都道府県の雇用創造の取組を支援します。(戦略産業雇用創造プロジェクト)
  • 過疎等雇用改善地域に対する支援
  • 季節労働者の通年雇用などを支援します。(通年雇用奨励金等)

現下の雇用失業情勢に対応した雇用創出支援

各都道府県に基金を造成し、各都道府県及び市町村において、地域の実情や創意工夫に基づいた雇用創出事業を行っています。

  • 今後の成長が見込まれる分野で雇用創出や人材育成を行います。(重点分野雇用創造事業)
  • 地域に根ざした事業の起業等を支援し、失業者の雇用の場を確保します。(起業支援型地域雇用創造事業)
  • 若者、女性、高齢者等の雇用拡大や賃上げ等の在職者の処遇改善を支援します。(地域人づくり事業)

地方での就職や農林漁業での就職に関する支援

  • 地方での就職(U・Iターン)を希望する方を支援します。
  • 農林漁業での就職を希望する方を支援します。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 地域雇用対策

ページの先頭へ戻る