ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 社会保障全般 > 市町村職員を対象とするセミナーについて

市町村職員を対象とするセミナーについて

1.目的

市町村職員を対象とするセミナー(以下「市町村セミナー」という。)は、市町村厚生労働行政交流研修事業として、市町村に関連の深い厚生労働行政をテーマに採り上げ、市町村職員間相互及び市町村職員と厚生労働省職員間で情報や意見の交換等を行うことを通じて、市町村が地域の特性に応じた保健福祉サービス等の向上を図るために必要な情報や企画立案の手法を得る機会を提供し厚生労働行政の理解の推進を図るとともに、市町村の厚生労働行政に対する考え方や行政需要等を把握し、厚生労働行政の企画立案に資することを目的としている。

ページの先頭へ戻る

2.内容

市町村職員の厚生労働行政に対する理解を深め、厚生労働行政の一層の推進に資するよう、市町村に関わりの深い厚生労働行政テーマに基づき、厚生労働省職員からの説明・情報提供、有識者による講演、市町村からの事例報告、厚生労働省職員と参加者及び参加者相互の意見交換等を行うこととしている。

ページの先頭へ戻る

3.開催状況

市町村セミナーは平成11年4月から実施しており、平成28年度までに計124回開催済(追加開催分を除く)。
※平成28年度分の開催は終了しました。

○現在、市町村職員の皆さまを対象に平成29年度の開催希望テーマを募集しております。
 希望するテーマがございましたら、下記事項をSTSYAHO@mhlw.go.jpまでメールにてご連絡ください。【3月8日(水)締切】
 (1)テーマ名
 (2)テーマの内容・補足説明 

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

照会先

厚生労働省政策統括官付社会保障担当参事官室
政策第二係 松本 研司
TEL03-5253-1111 (内線7579)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 社会保障全般 > 市町村職員を対象とするセミナーについて

ページの先頭へ戻る